開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年06月12日 (火) | 編集 |
2007.6.11

今日は、三人の霊能力の方と地元の神社に行ってきました。神社には「しめ縄」がありますが、このしめ縄は神様を封印するものだそうです。その神社に寄せ付けないということでもあり、そこから神様を出さないようにするということ意味があるそうです。

今回参拝した神社には、写真のようなご神木があります。というよりこの神社のご神体だそうです。(一人の霊能者によれば)ここの神社には樹齢500年の杉があり、これがご神体のように思われているようで、しめ縄が巻かれていました。でも実際には、その神社の裏にある写真の杉こそが本当のご神体なのだそうです。

このご神体は、しめ縄が巻かれていないためとても自由なのですが、皆が気が付いていないので寂しがっているともう一人の霊能者が話していました。その霊能者に、もう一人の霊能者が「ご神木に手を振ってみてください」というと、そのご神木は風もないのに左右に大きく揺れ始めました。それはまるで我々がご神体に気づいてくれたことを喜んで手を振るかのように。これには私も驚きました。
もう一つ驚いたのは、この神社を訪ねる前に一人の霊能者が「千手観音」がイメージできる。と言うのでした。この写真ではわかりづらいのですが、このご神木の枝はまるで千手観音の手のように四方八方からでていて、それも円弧を描くように上に伸びているのです。その霊能者は、「見えていたのはこの木だったのですね」と言っておりました。
なんとも不思議な神社参拝でした。

IMG_0159.jpg


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。