開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
2010年06月13日 (日) | 編集 |
No.020

「過ぎる」と発生する力があります。

それがバランスをとろうと働く力ですが、病気はそのために

起こります。

働き過ぎたり、食べ過ぎたりすると体を壊しますが、それは病気が問題

なのではなく、病気は「過ぎる」部分を修正しようとするだけなんです。

「過ぎる」とは偏りです。

偏れば、元に戻そうとする力が自然に働く。

それが病気。

だから、病気を治すためには「偏り」を探して、そのバランスを

とるだけです。

今の医療の考え方は、「偏り」のバランスをとっているのではなく

薬などで偏りに気付かないようにしているだけ。

だから体は相変わらず「偏りを戻そう」と病気を再発させます。


ですから、働きすぎや食べすぎで発生する病気に対する治し方は

わかりますよね。

でもそれらを止められない背景にあるものが、さまざまなストレス

だったりします。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック