開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
2009年08月16日 (日) | 編集 |
2009.8.16

ブレないためには中庸にいることが大切です。
それはすべてに言えます。

高血圧、低血圧 高血糖、低血糖
右翼、左翼、民主主義、共産主義
低カロリー、高カロリー、酸性、アルカリ性
陰陽、消極的、積極的、躁鬱、肉食、草食

その中庸でいるためには中庸の考え方が必要です。
バランスということですね。

どちらかの極に傾いたときに、反対の極で改善しようとすると
今度はその極の方へ傾いてしまします。

バランスをとるには、反対の極を使うのではなく
初めからバランスの取れているものをとり入れてバランスをとります。
そうすればブレることはないのです。

海の波を想像してみましょう。
荒れている海と穏やかな海では波の大きさが違いますね。
精神状態も海の波に例えることができます。
脳波と言っても良いかもしれません。
「こだわり」を捨てれば精神が穏やかになります。
「こだわる」とはどちらかの極に偏った考えです。
「こうでなければならない」「こうあるべき」という考えが精神をブレさせます。

怒りや憎しみは自分の思い通りにならないから生まれる感情です。
その時の脳波は、乱れています。
するとアドレナリンがでて血糖値、血圧などが上がります。
血流が悪くなり、胃が痛くなり、疲れます。
その状態が長く続くと、高血圧、糖尿病や癌などになります。

精神がブレているからです。
こだわりをなくすことです。
中庸でいることです。
その中庸の状態をプレバランスといいます。
私はそのことを守護霊から学びました。
いつもプレバランスでいるようにと。

あなたの目指す理想の医学は?と聞かれたときは
これまでの私は西洋医学でも東洋医学でもないエネルギー医学(セラピー)と答えました。
でもこれからは中庸医学、またはプレバランスセラピーと答えるようにしていこうと思います。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック