開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年05月14日 (木) | 編集 |
2009.5.14

クライアントの一人から「先生私はもう死にたいのです」という電話がかかってきました。
「毎日毎日神様にどうぞ私を死なせて下さい」と祈っているそうです。
「病気で死にそうな人がいれば私の命をあげてください」と祈っているそうです。

「自分は役に立たない人間です。」
「生きていても仕方ないのです。」と毎日のように考えているそうです。

私はこの方を何とか助けたいと思っていろいろ考えました。
この方はとても疲れていました。
「疲れ果てている」と言った方がいいと思います。
お話を聞きますと毎日大変な仕事量と精神的なストレスを受けていました。
だからこの世から消えたかったのだと思います。

まず、肉体的な疲れをとってあげる必要があると思いました。
具体的には、肝機能を改善するためのサプリメントを飲んでもらいました。
肝臓が元気になると生きる気力が出てきます。
また、精神的なストレスを少しでも和らげるようにと何度となくカウンセリングを行いました。
すると少し前向きな言葉がでるようになってきました。

そして一番次のことが効果的でした。
それは、この方の守護霊に「気付きがあるように」お願いすることでした。
私は毎日神様に祈りました。「気づきがありますように」と。

そして数日後、その気付きがありこの方は救われました。
それは次のようなことでした。
スーパーで買い物をしているとホームレスの男性が自分と同じレジに並びました。
そのホームレスの方は、カップのお酒1個だけをもって並んでいます。
自分はたくさんの買い物があったので「お先にどうぞ」と譲りました。
手にはそのお酒を買うための十数枚の10円玉を握りしめています。
たぶん、自販機などの釣銭で取り忘れたお釣りを少しずつためたのでしょう。
そしてレジでそのお金を渡し、お酒とお釣りの4円を受け取りました。
レジ袋にお酒を入れ、その方にペコリと頭を下げ嬉しそうに帰って行きました。

そのホームレスの方を見ていて気付きが生まれたのです。
この男の人は、家もなく、地位や名誉もなく、家族もなく、お金もなく、住所もなく
プライドもなく、食べるものもなく、着るものもなく・・・・・。
何もかもなくしてしまっています。
でも頑張って生きています。
カップのお酒を1個買って嬉しそうに帰って行くのでした。
たぶん久しぶりのお酒なのかもしれません。

その方は、自分には家も家族も、お金も、住所も、地位や名誉も、食べものも、プライドも
あることに気付きました。
ホームレスの彼は、それらをすべて失ったのですが元気に生きています。
その方は目が覚めました。
また明日から頑張って生きていこうと。

この方の悩みの一つは「自分の存在は誰かの役に立っているのだろうか」
「誰かの邪魔になっているのだろうか」ということが一番大きかったのだと思います。

神様は、誰一人この世に不要な人などいないことをホームレスの方を使わして
教えてくれたのでした。
結果的にこの方を救ったのは、お薬でもなく、カウンセラーでもなく友達でもなく
ホームレスの方でした。

この世に不要な人などいないのです。
だから皆さん絶対に自殺などしないでくださいね。






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。