開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
2009年04月15日 (水) | 編集 |
2009.4.15

先日ミツバチの話をしましたが、ミツバチにとって女王蜂はとても重要な存在ですね。
いくそれは、新しいミツバチを産むと言うことだけでなく、女王蜂がその群れを統率している
と言うことです。
群れの中から女王蜂をとってしまうと蜂たちはバラバラの動きをし始めます。
女王蜂の出すある周波数が蜂たちを一つにさせていると思います。
これは、アリなども同じでしょうし、人間社会もリーダーがいなくなると無秩序になってしまい
ます。

以前エントロピーの話をしましたが、生命とはエントロピーが低い状態を維持することであり
それは、秩序を維持することです。
女王蜂や女王蟻はドンドン子どもを産み生命の循環をつくり続けます。
つまり、女王こそがエントロピーを維持する源だと言えるのだと思います。
私は細胞においてもこの女王生命維持説を持っています。
つまり、女王蜂ならぬ女王細胞がいるのではないかと・・・。
癌とは、この女王不在の秩序を失った細胞の増殖なのではないかと。
女王細胞が鎮座する場所は脳下垂体かな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック