開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月23日 (月) | 編集 |
2008.6.23

私達の生活の中には情報が多すぎるのかも知れません。

知りたいこと以外の情報や知らない方が幸せな情報も次々と入ってきます。

その情報によって救われることもありますが、その情報によって混乱してしまうことも少なくありません。

メディアは、とても慎重に情報を扱うべきです。

通り魔犯罪の情報を流すことで多くの人が「自分も被害に遭うのでは」との恐怖心と警戒感を持たせてしまいます。

先日もブログで書いたようにそのような被害に遭うことは「交通事故」に遭うよりも可能性は低いのです。

でも、その情報が毎日のように事細かく報道されることで多くの人が人間不信にはいってしまいます。

その結果、ますます人間関係が希薄になってしまいます。

秋葉原の通り魔殺傷事件も、あの時救助に力を貸した人々の報道を毎日流せば、逆に通り魔の恐怖よりも、救助した人の勇気や優しさに感動して「みんなが協力しよう」という風潮になると思います。

しかし、残念なことに被害者の報道が中心に流れるために、恐怖が植えつけられてしまいます。

地球環境問題もそうかも知れません。

危機的な状況ばかり報道されると「未来への絶望感」が出てきます。

しかし、危機的な状況を救おうと頑張っている人やそれを改善する技術を中心に報道されれば、自分にも何かできるかもしれないとか、その技術を使った未来に希望を持とうと言う気になると思うのです。

報道の切り口を変えるだけで、世の中は変わります。

メディアの力は大きいのですよね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。