開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
2008年01月17日 (木) | 編集 |
2008.1.17

今日は阪淡路神大震災から13年目です。
私は関東が住まいですのでその影響はありませんでしたがテレビから放映される映像は、まるで映画のシーンのようで現実に同じ日本で起こっているとは信じられませんでした。

被災にあわれた方は本当に大変でしたでしょうし、今もその後遺症があるという方も多いと聞いております。

ジュセリーノの予言によりますとまた、同じような大地震が今年から何度となく日本を襲うということです。

天災は避けられないかもしれませんが、過去の教訓をいかして被害を最小限度にすることはできると思います。
それは、政府の危機管理にかかっておりますが、大丈夫なんでしょうか・・・。

ジュセリーノの予言は、正確な日にちを教えてくれています。
過去の的中率から考えるとかなり信頼のおける情報と思いますので、その日はその土地を離れたり、さまざまな備えをすべきではないかと思います。

ジュセリーノの予言では、1月15日にインドネシアでの大地震でたくさんの方がなくなるとの
ことでしたが、それは起こっておりません。

予言がはずれたのか、また別の日になるのかはわかりませんが、この情報はインドネシアの
政府にも届いていると聞きますので備えていたのではないかと思います。

ジュセリーノが未来を予知しそれを伝える役割とすると、同じように未来と予測しその出来事
が起こらないように、未来を変える役割を持っている方たちがいます。

その未来を変える方法は「祈りの力」だと聞いております。

その方たちの祈りの力でこれまでもたくさんの惨事が回避されていると聞きます。
今回のインドネシアの大地震も事前にわかっていたので祈りの力で回避されたのかもしれません。

ジュセリーノが伝える多くの悲惨な未来。
それを知った多くの方がそうならないように祈ることで未来は変えられるのではないかと思います。

治療家としてこの「祈りの力」をとても感じることがあります。
それは、どのようなセラピーを施しても改善しないケースがあります。
そのようなときの最後の手段として、その方の回復を必死に祈ることがあります。
その結果、奇跡的に回復したケースが何度もありました。

心の底から祈る時、奇跡は起こり未来は変えられるのではないかと思います。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
予言者。信じるor信じない?予言者。信じるor信じない?ブラジルに夢で予言する人がいるとテレビでやっていました。結構当たるらしいで...
2008/01/26(土) 08:45:57 | ジュセリーノの予言って??