開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
2007年10月20日 (土) | 編集 |
2007.10.20

不眠症が増えている原因のもう一つの原因が「意識外ストレス」です。これは、五感で感じられないストレスで、電磁波と磁場変動の影響です。

コンピューター社会の現在は、仕事でパソコンを使う環境が増えました。それとほとんどの方が携帯電話を持っていると思いますが、この携帯電話の電磁波が脳を混乱させています。
img44c8a276d17b5[1].jpg

img46ee7fadd14af[1].jpg

【ヘッドホンマイクを使うと脳へのダメージが軽減されます】
私は、ヨーロッパから輸入した電磁波用のものを使用しています。
ご興味ある方は連絡ください。TEL0294‐39‐2134


最近のニュースでANAの飛行機が携帯電話の影響で離陸できなかったというのがありました、これは通信機器と携帯電話の周波数が干渉してしまったからと考えられます。

人間の脳は、飛行機のコンピューターより精妙に作られています。
このコンピューターである脳に近距離で電磁波を照射することは、脳にとっては大変なストレス(混乱)なわけです。

私は「携帯断食」をしているとこのブログで書きました。それは、脳を守るためです。今本当に脳が大変な状況なのです。不眠にも間違いなく携帯電話の電磁波がかかわっていると思います。

以前不眠で悩む方のセラピーをしたことがあります。半年前から寝られなくなったといのです。
その原因を突き止めました。
それは、半年前から設置した空気清浄機でした。この空気清浄機がベットの頭の上の50cmのところにありました。
電磁波測定器で測定したところ頭の部分で100mG(ミリガウス)以上の高い電磁波が確認できました。(1mG以下であれば安全とされています。)
この空気清浄機をどけることで、半年続いた不眠症はすぐに改善しました。

そして、もう一つの問題は地磁気の変動です。これについては、下記の地磁気測定器GP-1の頁で詳しく説明していますのでご覧ください。
http://www.prebalance.com/sv-1/gp-1.htm

この機器で地磁気を測定し、安定した場所で寝るだけで不眠の症状が改善することも少なくありません。
たった1m寝場所をずらすだけで睡眠障害が改善することもあります。

photo02_03[1].jpg


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック