開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年04月30日 (土) | 編集 |
No.094

資本主義社会はまもなく終焉を迎えます。

いろいろな意味で限界なのです。

お金によって人間が支配され、命よりお金が優先される社会になってしまいました。

日本は財政破綻の寸前でしたが、今回の震災でさらにピンチに。

地震で一瞬のうちにすべてがなくなってしまったように、経済も津波のような

インフレが襲ってくると思います。それは突然に。


地震にも発生前にその兆候があるように、経済にもその兆候があります。

今、その兆候がたくさん出てきております。

金価格が史上最高値を更新中です。

お金が紙屑のようになるハイパーインフレがやってくるでしょう。

でもそれは当然のことなのです。

物に対してもともと紙幣は紙屑であり、あまりにも多くでまわり過ぎています。

物が限られているのに、どんどん印刷できる紙屑の紙幣が出回り過ぎている上に

電子マネーという実態のない架空のお金も世の中に溢れかえっている。

物とお金とのバランスが崩れているために、そのバランスが戻すために

ハイパーインフレが起こります。

この世は、偏りをもとに戻そうとする(バランスをとる)ためのエネルギーが

ある限度をこれると必ず働くものです。



日本の財政赤字が1000兆になろうとしております。

これは今の日本ではどうやっても返せる借金ではありません。

未来のために、一時苦痛に耐えなければなりませんがハイパーインフレで

すべてを「御破算」にする必要があるのかも知れません。


新しい時代の新しい価値観と仕組みの世界を作る前に

まずは、破壊と崩壊が起こります。

そしてその後に新たな創造の時代が始まります。


アセンションとは、意識や物質のもつエネルギーが次元上昇することです。

すべての価値が変化するときです。

アセンションは、もう始まりましたのでその流れは止まりません。

ですから、今の経済は必ず崩壊してしまいます。


恐れないで欲しいのです。

生まれ変わり素晴らしい時代を迎えるための一時的な苦痛です。

今は、そのときのための準備をするときです。

今はすべての価値を見直すときです。

何が本当の幸せか、豊かさとは何か…

そして、新しい偏りのない仕組みや夢のようなテクノロジーが出てくることでしょう。
スポンサーサイト
2011年04月29日 (金) | 編集 |
No.093

放射性廃棄物は、処理できないで貯めるだけになってしまう点が問題。

貯めるだけで「循環」できないものはこの地球では「死」を意味する。

地球は、閉鎖系になっているので「生」となる条件は「循環」。

生物も生と死を繰り返す食物連鎖の循環の中で永遠を手に入れている。


地球の水も雨となり、土に浸みて地下水や川となり、生物が利用し

それはまた排泄され、蒸発しまた雲となり雨となる。


この地球は、食物連鎖と水の循環で成り立っている。

であるから、循環できないものは、この地球を破壊してしまう。


原発は、その循環に反した発電であるから、地球を破壊してしまう。

核爆弾もそうだろう。

医療用の放射線治療も同じ。

その治療で使った放射線廃棄物は、処理できないで貯まるだけ。

それを東北に持って行って貯めている。

原発の放射線廃棄物だって、そう「東北」に持って行って貯めておくだけ。

問題なのは、この廃棄物は生ごみと違って、いつまでも毒として残っている。


他の人のゴミを自分の土地に持ってこられたらどう思う?

それも、その電力や医療の多くはゴミをだす人たちが使う…

そんなのおかしい。


いくつか提案があるんだ。

それは、そろそろ「地球レベル」ではなく「宇宙レベル」で考えようってこと。

そもそも原子力は、地球レベルのものではない。

使う燃料も廃棄物も宇宙レベルのものなんだ。

それは、地球の閉鎖系の発想だとエントロピーの法則から抜けさせないから

宇宙へ飛び出そうってこと。

例えば、今の核廃棄物や放射性廃棄物は、宇宙に捨ててくるってこと。

ロケットに積んで、宇宙に廃棄してくる。


だからと言って原発賛成ではない。

原発は今の地球には合わない発電だ。

もう、核開発はやめて、地球上にある核廃棄物や放射性廃棄物はすべて宇宙に捨ててくる。

そして、もう一度安全で美しい地球に戻すこと。


まだ、提案はある。

原発を推進する電力会社の本社は、すべて原発の敷地内に設置することを法律で決めることだ。

そうすれることで、安全には力を入れるだろうし、何かあってもすぐに対応できるだろう。


それと最終的には、我々が電力会社に頼らずに、エネルギーの自給自足を行うことだ。

自分で使うエネルギーは、自分で作るようにすれば、誰にも迷惑がかからないだろう。

家庭で原発は作らないだろう(笑)

きっと、電気を大切にするだろう。


食料も水もエネルギーも自給自足の社会に向うように思う。

資本主義社会は、まもなく終焉を迎えると思う。

今回の震災や原発事故は、その代償として

我々に大きな気づきと、意識改革の機会を与えてくれた。

いよいよ、新しい時代が始まる。

アセンションが始まる。



2011年04月26日 (火) | 編集 |
No.092

想いがすべての現象のはじまりだから

その想い通りに現実がやってくる。

「信じるものは救われる」とあるが、これからの時代は

「信じないものは救われない」と言える。

そこで大切なのが「誰を信じるか」「どの情報を信じるか」と

いうことになる。

例えば、原発問題だが政府や東電の情報をまともに信じる人は

いないと思う、もし信じているとすれば救われない人達だ。

新聞やテレビなどのマスコミの情報も同じだ。

有名大学の大学教授が言っていることだからと鵜呑みにしてはいけない。

そのようなことにまだ気づいていない人がいるとすれば、やはり救われない。


では、何を信じれば救われるのか?

それは「あなた自身の直感」である。

それは「守護天使からの情報」とも言える。

他の情報と違い、その情報には駆け引きや利権などは一切なく

あなたを守るために存在する守護天使からの情報なのである。


雑音となる情報を遮断して、心の声、魂の声に耳を傾けてみて欲しい。

守護天使と交信できる機器(SV-1)を開発したのは、真の情報をあなた

自身が受け取れるようにである。

もちろん、この情報を疑ってもいい。

この情報が正しいかどうかも、あなた自身の直感で判断すれば良く分かるはずである。

2011年04月25日 (月) | 編集 |
No.091

「魔が差す」というが、これはまさしく「悪魔が侵入してくる」ことで

よくないことが起こる。

私の研究ではオーラが弱い時に「魔が差してくる」

それは以前も書いたが「自信を喪失」したときに起こる。

ケガや事故なども自信がなくオーラが弱い時に起こるものである。

震災に遭うようなケースもすべてではないが、この魔が差している

ときに起こりやすい。

2011年04月23日 (土) | 編集 |
No.090

あなたは今、アセンションできるかどうかを試されています。

その第一ステップは「恐怖」を克服できるかどうかです。


2011年04月22日 (金) | 編集 |
No.089

薬がそうであるように、毒とされるものは少量は身体に良い


2011年04月16日 (土) | 編集 |
No.088

一人暮らしの女性から「毎日怖くて仕方ないと」連絡がありました。

インターネットやTwitterでまた大きな地震が来るとの噂で。


知りあいの美容師さんが、お客様の話題が

「毎日毎日地震と原発の話題ばかりで疲れて果ててしまう」とのこと。


みんな怯えてる。

みんな疲れている。

まだ起こっていない新たな大地震に。

まだ起こっていない放射線が原因のガンや病気に。


情報の津波に飲み込まれている。

情報そのものが災害であることに気づいていない。

「情報の津波」に被災していることに気づいていない。


覚悟を決めて一日一日を楽しく、悔いなく生きることです。
2011年04月12日 (火) | 編集 |
No.087

昨日の大きな地震(震源地が近い)は予知できました。

3年前にも前日に地震を予知したことを書きました。
http://prebalanceueda.blog97.fc2.com/blog-entry-148.html


震源地が近い場合には、大気中の強い電界の影響で、少し敏感な人は

まとわりつくような電荷(静電気の感覚)が感じられるはずです。

イルカやクジラ、ミツバチなどの異常な動きにも注視してください。

敏感な人は頭痛や耳鳴りが起こると思います。

それと、激しいオーロラの発生後に起こると思いますので

そのような情報をメールで配信しているサービス下記)がありますので

そのメールが届いたら、備えるといいでしょう。

いつくるかわからな大地震に怯えている方が多いと思います。

人間も動物のような感覚が備わっています。その力を呼び起こし

そして、科学的な根拠のある情報と組み合わせて判断すれば、安心して

いられます。

【ライブオーロラ】
http://aulive.net/
2011年04月06日 (水) | 編集 |
No.086

さっきなじみのお店で食事をしていたら、放射能測定器を持ちながら食事して

いる人がいました。

測定器の音が「ビービー」とうるさい!!

お店の女将は「放射性物質の風評で頭が痛い」と言っていました。

その人は、そんな気遣いもなく「女将さん、ここのお店は低いから大丈夫だね」だって。

女将は苦笑い。

放射線も電磁波の一種ですが、このままでは「放射線(電磁波)過敏症」が増えてしまうね。

過敏症から解放される方法は

「しばらくの間 情報を遮断すること」

そして

「覚悟を決めて生きること」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。