開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年11月25日 (木) | 編集 |
No.062

先週は、少し胃が痛かったのです。

原因は、先週がとても忙しくて息もつかずに仕事をしてたから。

それと業者とのトラブルで少しイライラすることがあったから。

今は、アドレナリンを出し過ぎだったと反省。

まだまだ、修行が足りないなあ。


こんなことに気づけるのは「胃痛」そして「ピロリ菌」のお陰と

思っています。



胃潰瘍の原因が「ピロリ菌」ということで除菌する

人がいますが、私は否定派です。

基本的に私の考えに「殺す」ってことはそれが菌やイウルス

であってもないですね。

「共存」が私の基本的な考えです。


ピロリ菌を殺すことで当然、副作用はあります。

一番は「病気に気付けない」ってこと。

胃潰瘍で痛いのは、怒りなどのストレスを持っている

ってことです。

「胃が痛い!!」ってことは

「かなりストレスが溜まっているな」って気付けるわけです。

今回もそうです。

どんどんストレスを受けてもピロリ菌がいないから

胃が痛くないってことは、そのストレスはどこに行くのか?

それは「胆のう」や「肝臓」です。


ピロリ菌がいなくたったことで、胃潰瘍はなくなっても

次はこれらの臓器が問題になってくるはずです。

考えてみてください。

本人は、ストレスを凄く自覚していて、それが

肉体に何にも影響がないなんてありえません。


風邪の菌を抗生物質で殺して、その結果腸内のバランス

が崩れLGS(リーキーガットシンドローム)になり

アレルギーなどになるのと同じことですね。


その他の副作用として、太ることがあります。

それは飢餓ホルモンのレプチンが減少するからです。

食欲がでてきます。(体内毒をが溜まります。)

ピロリ菌が食欲をコントロールしているとも言えますね。

それに逆流性胃炎や大量の抗生剤の服用によるLGSや

肝機能低下とそれによる蕁麻疹などの症状。

耐性菌もでてくるでしょうね。

もちろん、副作用が少ない人や出ない人もいるかも

知れません。


でも一番の問題は何度も言うように

「病気に気付かなくなってしまうこと」

病気が悪いのではありません。

病気をするような食生活、住環境、考え方、生き方を

改善する必要があり、それを痛みや痒みなどで

教えてくれているってことです。


今回、胃が痛くなったことで肩が凄く凝りました。

腰痛があったなどの症状も、原因が胃にあることに

気付けました。

連休には、温泉に行って身体を休め、瞑想会に参加して心の高揚も

鎮めました。

その結果、腰も治り、肩こりも消えました。

胃が悪いと筋肉が硬直して、腰痛、肩こりになるのです。


それに気付かしてくれた「胃の痛み」に感謝なのでした。







スポンサーサイト
2010年11月25日 (木) | 編集 |
No.061

今年は毛虫に二回も刺されて「毛虫恐怖症」になってしまった。

そのためにガーデニングができずにハーブや野菜が伸び放題でした。

やっと虫のいない季節になって、手入れができた。

とてもスッキリ!!


あの虫たちって冬の間はどこにいるのかな?

人間も冬は冬眠できたら、良いのにと思うことがあります。


今、水車に興味があってお店の前の用水路につけられないか

などと考えています。

水さえあれば、電気が起こせるなんて日本にあっているよう

に思える。

今の技術なら、少ない水量で大容量の発電も可能と思って

います。


お店も10年経ったから外壁が汚れ、コケなどもはえてきた。

昔だったら、すぐに塗装しなおしたかもしれないけど

今は、この汚れやコケがまた「しぶい」と思えるようになり

庭の枯れ木や落ち葉にマッチするようになってきた。

その風景をみて「このいいなあ~」と思えるようになってきた。

ここに水車があったら…

なんて思うと嬉しくて

「本当に作ってしまおうか」などと思ってしまう。


太陽光のパネルが屋根にのっているより、水車で

発電している方が似合う感じになってきたお店が

なんとも好きです。




2010年11月17日 (水) | 編集 |
No.060

長年飼っていた犬が亡くなってしまった方からのお話です。

「犬は、話さない」だから良い思い出だけが残っています。

人は、いろいろ話すから、その言葉に傷ついたり、怒ったり

悲しくなったりします。

人も犬のようにただ傍にいて、あまり話さず寡黙でいる方が

良いのかも知れないと。


2010年11月11日 (木) | 編集 |
No.059

食欲をコントロールできる波動水を作ったら

3kg痩せたのですが、しばらくそのまま小康状態に。

でも、また痩せ始めました。

それは、ミトコンドリアを増やすことを始めたから。


身体は、生体電流で動いているわけで、その電気を

起こす仕組みが必要です。


ミトコンドリアってのが発電所です。

その発電所が多いほどたくさんの電気を

起こせるわけですね。

発電所が多くなると、身体を温めたり、ウイスルなどの

外敵から防御してくれたり、オーラを作って邪気なども

寄せ付けなくなります。

たくさんの電気が使えると、身体はいろいろなことが

できるようになります。


すると、足りなくなるものがあります。

それは「燃料」です。

その燃料を「内臓脂肪」として身体は蓄えているのですね。


痩せないのは、この内臓脂肪を使うほど身体がエネルギーを

消費しないから。

運動したって、普段の食事のカロリーで対応されてしまう。


でも、発電所が増えると話は別。

内臓脂肪を燃やそうとする。


身体が冷える人は、発電所が少なから「節電モード」でエネルギー

を使わないようにしている。

風邪引いても微熱がずっと続いてなかなか治らない人は

「節電モード」だから、高熱を出すことができないでいる。


その「節電モード」にコントロールしているのが「脳」であり

ホルモン。


痩せるためには、発電所を増やし「節電モード」を解除すること。

今、その実験中。

試したら最近また1kg痩せた。


嬉しい!!

痩せたことより、理論が正しかったことが(笑)
2010年11月06日 (土) | 編集 |
No.058

前回「世界が混ざり合っている」ってことを書きました。

それはエントロピーが増大しているっていうことも。

エントロピーが増大するとは、「無秩序」が増えるって

ことですから、統制がとれないってことになります。

独裁って言うのはよくないけど、でもエントロピーとして

考えるとこれは秩序が保たれているってことでなかなか

崩壊はしないものです。



日本の将来にとても危惧しているのは、秩序がなくなってき

ていること。

検察が改ざんして犯人をでっちあげたり、国家機密として

いる中国漁船との衝突ビデオが流出してしまうような危機管理

状態をみていると「無秩序」って観点から「かなりヤバイ状態」と

言えると思います。間違いなく崩壊に向かっている…。

幕末の世に似ているって言うけど、本当にそんな感じですね。


何が起ころうとしているのだろう。

とても不気味です。

水面下で坂本龍馬のような人が動いているのかなあ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。