開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年04月30日 (木) | 編集 |
2009.4.30

私たちは、自分の思い通りにならないことにいら立ちや怒り、憎しみ、悲しみなどの
ネガティブな感情を持ってしまいます。
でもその思い通りにならないことを「受け入れる」ことでそのストレスは消えます。

マザーテレサは「神様にすべてを委ねた」と言います。
すべては神様が与えてくれた祝福や修行だと受け入れることで苦しみから解放される
ということなんですよね。

もちろん私にもこれまでの人生でいろいろな辛い事や苦しい事、悲しい事がありました。
でも最近は心にゆとりや平穏があります。
それは、若いうちのいろいろな辛く苦しかった経験が心に免疫をつけてくれたのではない
かと思っております。

一番大きいのは「すべてを受け入れる」ということが、徐々にできるようになってきたから
だと思っています。
起こることすべてを受け入れることなんです。

以前このブログで書きましたが「覚悟」を決めることも「恐怖」から解放されます。
「すべてを受け入れ」「覚悟を決める」
これで人生は楽チンになりますよ。

スポンサーサイト
2009年04月26日 (日) | 編集 |
2009.4.26 その2

豚インフルエンザがパンデミックになる可能性がでてきました。
SV-1ユーザーの方は、「エネルギーセラピー」のブログに対応方法を書きましたので
そちらをご覧いただき準備ください。
2009年04月24日 (金) | 編集 |
2009.4.24

癌やウイスルに感染した細胞は、規則性を持って回転しているということです。
つまり、スピン偏極の状態にあります。
調和に戻れない水分子
この状態になると電磁気的なシグナルが届かないとされています。つまり、コントロール
を失った状態にある細胞ということになります。

MRIという内臓を輪切りにした状態でみられる画像処理装置はご存じな方が多いと思います。
この原理は強制的にスピン偏極させた水素の原子核が調和状態に戻る時間の速度の違いから
異常のある部分を画像化するものです。
つまり、異常のある部位のスピンは調和状態に戻るのが遅かったり、戻らなかったりするわけで
すから、病気とは「スピン偏極している部位」または、エントロピーが増大している部位なんですね。

これらを「メシマコブ」という幻のキノコを例に説明したいと思います。
C型肝炎にメシマコブが効果があるとききます。また最近の報道(日本経済新聞)では新型
インフルエンザにメシマコブの抽出物をワクチンに加えることでH5N1型ウイルスの感染を防ぎ
死亡率100%を防ぐ効果がマウスを使った実験で成功したとありました。
なぜメシマコブにそのような効果があるのかまだ解明できていない部分が多いようですが
私は、スピン偏極を調和へと導く力が強いからだと考えております。
それは、10cmの大きさに何年もかかるというこのキノコの生育速度の遅さにあると思います。
生育速度が遅いということはエントロピーの増加が少ないともいえるのだと思っております。

癌やウイルスは、コントロールを失い異常増殖していきます。
そこにメシマコブのような生育速度の遅いものものを飲むことでエネルギー的に中和の方向に
もっていくのではないかと考えております。
それらの研究をしていますので、いつかそれらをもっとわかりやすく説明できるようにしたいと
思います。
2009年04月21日 (火) | 編集 |
2009.4.21 その2

いま世界中がインターネットでつながっています。
世界中の誰とでもメールでコミュニケーションがとれます。
このメールのやりとりには「妖精」が使われています。
その妖精の名前は「メールデーモン」です。
※メールデーモンは、実際はプログラムの名前ですが。

ひらめきました!!
私は、私達の60兆の細胞はバイオフォトンと言う光が細胞間のコミュニケーション
に介在していると考えているのですが、このバイオフォトンも実は「メールデーモン」と
同じような妖精なのではないかと。

つまり、生物(生命)の正体は「妖精(光)」の集まりなのではないかと・・・。
この妖精が水分子のスピンと関係があるのではなかと・・・。
マイナスエントロピーの空間に集まってくるのは、妖精が生命の素だから・・・。


2009年04月21日 (火) | 編集 |
2009.4.21

お店に自宅から「娘が調子悪いのでみて欲しい」との妻からの電話がありました。
すぐに娘の占星術を調べその原因がわかりました。
私は、メールでレメディを送り、それで娘をセラピーするように妻に指示しました。
私にとってはあたり前のセラピーなのですが、そばでこの会話を聞いていた母が
「私には何だかわからないけど、凄いことやっているね」
「こんなことやっているのは世界中でお前だけかもね」と言っていました。
世界で私だけかどうかは知りませんが、情報を使ったセラピーとしては進んでいる
かもしれませんね。

このようなことはSV-1の全国のユーザーさんとの間でも行っています。
遠いところでは、九州のユーザーさんにも同様のようなシステムでセラピーのお手伝い
をすることがあります。
もちろんSV-1さえもっていればこの茨城にいながら世界中の方をセラピーのお手伝い
ができることになります。
このようなことができるのは「エネルギーセラピーだからだなあ」と痛感します。
   遠隔治療
インターネットを使いレメディ情報を送る
      


2009年04月20日 (月) | 編集 |
2009.4.20

昨日テレビラックの角に膝をぶつけてケガをしました。
今日は、花瓶をテーブルから落として割ってしまいました。
そして椅子を倒して家具を傷つけてしまいました。
こんな日はヤントラと紅珊瑚を携帯して外出を控えて大人しくしています。
事故に遭わないように。


2009年04月19日 (日) | 編集 |
2009.4.19

第1回マイナスエントロピー瞑想会は、好評をいただき無事終了!!
帰るときに「スッキリしました」と元気がチャージされた参加者の方が
いてくれてとても嬉しかったです。
昼間でしたので周りの騒音が心配だったのですが、午前中は電動草刈りの音や
清掃作業の音などとてもうるさかったのですが、瞑想会中はとても静かでした。
ただ、とてもうるさかったのが小鳥のさえずりです。
瞑想中にピーチクパーチクと何やら話をしているみたいでした。
また、ラップ音もバチバチなり、何やら精霊がたくさん集まってきていたような感じでした。

5年ほど前はよく瞑想会をやっていたのですが、久しぶりです。
たまに何も忘れて瞑想するのも良いかもしれませんね。
次回は、平日の夜にでも行いたいと思っています。
参加者のみなさんありがとうございました。

2009年04月18日 (土) | 編集 |
2009.4.18  その3

明日は瞑想会なので「デニスの部屋」を模様替えしました。
作業後に精霊との記念写真(画面左)を撮りました。
「精霊さん明日は、みんなを癒してね」
IMG_2583.jpg
 画像クリックで拡大
2009年04月18日 (土) | 編集 |
2009.3.18 その2

親子で来店された方の話です。
SV-1で測定中に子どもさんがはしゃいでいるのでお母さんが注意しはじめました。
何度注意しても言うことをきかないので次第に大声で叱るようになりました。
するとそれまで普通に測れていた経穴測定でしたが、急にスピン偏極を起こし始めました。
注意する程度では細胞の水分子は変化しませんが、かなり頭に来ると(強いストレス)
スピン偏極することになります。
感情がスピン偏極を起こさせると言うのを確認できた貴重な体験となりました。

SV-1の感情レメディで細胞のスピン偏極を調和の状態に戻すというセラピーが
何かとても凄いことをやっていると思ってしまいます。(笑)



2009年04月18日 (土) | 編集 |
2009.4.18

昨日イチローには強力な「火星」のことを書きました。
胃潰瘍は、この火星が影響します。
WBCで彼が神が降りてきたと言っていましたが、そのときに火星が胃壁も破って
しまったのですね。

最近イチローの顔つきが変わりましたね。
何かとても大きな障壁を越えた人から漂うオーラがあります。

オーラとは、細胞が放つ磁場なんですがその細胞が放つ磁場は水分子の
の回転により生まれるものです。
もちろん顔も細胞の集まりですので、細胞の変化が人相になります。
人相が変わるということは、細胞の磁場が変化していると考えております。

病気の人もそうですね。
スピン偏極した細胞が増えると当然オーラや人相も変わるわけです。

目の輝きは、経絡を流れる生体電流と関係しますがこれもスピン偏極が
あると流れなくなりますので、やはりエントロピーを下げるということが重要
だということですね。

2009年04月17日 (金) | 編集 |
2009.4.17

イチローは凄いですよね。
スーパースターと言うのは彼のような人を言うのでしょうね。
彼は占星術師の私としましてはとても興味があります。
それは、先日も書きましたが人生にも満開があり、そのピークを過ぎると運気は落ちて
行きます。
それはスポーツ選手でも同じですね。
どんなに凄い選手でもピークを過ぎれば結果が出なくなりますので、その引き際(引退)
は、桜で言えば満開の直後だと思います。
それを過去の栄光をまた夢見て頑張っていても占星術的には結果が出ないと考えます。
ピークを自覚しないでいると逆にみじめな引退となるケースも少なくありませんね。
イチローの場合にはかなりピークが長いと思いますのでだからとても興味があります。

伝説の麻雀師で桜井さんという方がいます。
彼は、20年間一度も負けなかった言います。
私は、この二人の共通点がないか私が作った占星術のソフトで調べました。
するとある星がとても強いことがわかりました。
それは、火星という星です。
彼らの火星は、他の方とは比べようもないほど強く輝いているのです。
占星術では、火星はスポーツや賭け事など勝負事を表します。
イチローには、「火星の神」がついていると考えられます。

息子はサッカーをやっているのですが、私はこの息子にも「火星の神」が力を貸して
くれるようにと息子には内緒でいろいろとおまじないをやっています。
親バカですね。(笑)

2009年04月17日 (金) | 編集 |
2009.4.17

生きているとはどういうことか?
「生物は、マイナスのエントロピーを食べて生きている」と言えます。
それは、生きていることによって発生するエントロピーの増加をマイナスのエントロピー
を吸収して相殺しているのです。

それが食べたり飲んだり(水分補給)呼吸だったりします。
ですから私達が生きていくためには大切なことは、エントロピーの増大を下げるための
食事や水、そして環境だったりします。
そのことが分かると食事の問題や住環境の問題がはっきりみえてきます。

例をあげて解説しますと
電子レンジとは、エントロピーを増大させる調理法なんですね。
マグネトロンから放射するギガヘルツの周波数により、食べものの中の水分子が
振動しはじめ、そのときの熱により温めます。
これはまさにエントロピーが増大して熱となっています。

生命にとって大切なのは栄養ではなく、マイナスのエントロピーなのです。
電子レンジで調子したものは確かに空腹を満たします。しかし、エントロピーは増加しますので
とても劣化した食べ物ですので、生命という考え方からはお勧めできないですね。

genmai-0.jpg
以前酵素玄米と言うごはん(上の写真)をブログで紹介しました。
ライフフィールドセラピスト講習会の昼食で食べていただきます。
このごはんは、一日一回かき混ぜて酸素さえ与えれば一生腐りません。
ごはんでありながら発酵しているからです。
酸素をマイナスエントロピーとして取り入れごはんの中の微生物が生命の循環を始めるからです。
お味噌などもそうですね。10年経っても食べられるのはマイナスのエントロピーを
取り入れる仕組みができているからです。

ですから食事とは増大するエントロピーをマイナスのエントロピーを取り入れて相殺する
作業と考えると「真の健康食」とは何なのかみえてきます。

19日にマイナスエントロピー瞑想会を行います。(定員となりました。)
それは、食事と同じようにとても大切なものが「呼吸」だからです。
この呼吸も食事と同じ考えです。
よく腹式呼吸が良いと言います。それは、たくさんの酸素や気のエネルギーを体の隅々まで
吸収しエントロピーの増大した二酸化炭素を排気する行為が呼吸だからです。
今回完成した「デニスの部屋」は、マイナスエントロピーの空間です。この空間の
エネルギーを体に吸収しようと言うのがこの瞑想会の目的であり、そのエネルギーの
交換方法をお伝えするものでもあります。

私は、PBW(プレバランスウォーター)と言う特別な水を飲んでいます。
この水は、スピン偏極を起こさない水なんです。
究極が大好きな私は、「健康を考える上でこれ以上の水はない」と言う自信があります。
それは、生命とは「マイナスエントロピーを取り込む行為」とするならば、私の実験において
今のところこれ以上の水はないという結果が出ているからです。
強力な磁場を与えてもスピン偏極することがありません。さらには、スピン偏極している人
がこの水を飲むことでスピンの状態が調和の状態に戻ります。それはエントロピーを下げて
しまうためです。

スピン偏極とは、まさにエントロピーの増大している状態を言います。
病院の検査でMRIで写る病巣は、水素原子核がスピン偏極している部分ですものね。
病気の箇所は、スピン偏極の箇所であり、エントロピーが増大している箇所です。
SV-1とは、そのスピン偏極をしている部分を測定できる機器なのです。

こうして考えますと、知らず知らず「生命にとって重要な様々なものが揃ってきたんだなあ」
と思います。

今回の「デニスの部屋」で私が目指すエネルギーセラピーに必要なアイテムはほぼ
揃ったものと思っています。あとは、それらをどのように使いこなすかをお伝えすること
が今後の仕事の中心になるのでしょう。
2009年04月16日 (木) | 編集 |
2009.4.16 その2

IMG_2501_convert_20090416144456.jpg
この写真は、私のお店の2階から見える桜です。
この桜を見ながら食事をしたり、お茶を飲んだりと部屋にいながらお花見ができます。
ここはこのような桜や鳥のさえずりも聞こえ何とものどかな場所です。
ここにいるのが私は一番落ち着きます。

今は満開も過ぎ葉桜になろうとしています。
桜は、いつ咲くか、いつ咲くかと待ち焦がれられますがピークを過ぎると誰も見向きも
しなくなります。
人生も同じかも知れませんね。
私はアストロロジャー(占星術師)なので、いろいろな人の人生のピークがわかります。
もちろん自分もです。
私は、もう数年で満開を迎えますので現在9分咲きでしょうか(笑)
これまでやってきたことが実を結び花開く前夜です。
でもあまり目立たずにひっそりと咲く花です。(笑)
かな?

2009年04月16日 (木) | 編集 |
2009.4.16

「もし、地球の表面からミツバチが消え去ったら、人間は4年も生きてはいけないでしょう。
どのようなミツバチも、どのような受粉も、どのような植物も、どのような動物も、どのよう
な人も。」
この言葉は、アルバート・アインシュタインが言っていたらしいのですが、納得です。

これは、言うまでのなく食物連鎖が成り立たないからですね。
この地球上の生命は、「自然との調和」の上に成り立っているからです。

私たちは、その「自然との調和」を考えずに文明を発展させて来てしまいました。
アトランティス時代と同じ過ちを起こしてはなりません。
最近のブログ紹介しました蜂やその他の動植物の異常な状態は「自然との調和」を伝える
ためのメッセージです。

ライフフィールドセラピスト講習会で一番お伝えしたいのは、この「自然との調和」なんです。
生命とは、自然との調和状態であることを。






2009年04月15日 (水) | 編集 |
2009.4.15 その2

今日はとても天気が良くて気持ちいいですね。
魔法使いデニスの部屋も完成し、今日は薬草を作るためのハーブ園造りをしていました。
IMG_2497_convert_20090415170406.jpg
ちょっと頑張り過ぎたので明日は筋肉痛で大変かも  (^^;

2009年04月15日 (水) | 編集 |
2009.4.15

先日ミツバチの話をしましたが、ミツバチにとって女王蜂はとても重要な存在ですね。
いくそれは、新しいミツバチを産むと言うことだけでなく、女王蜂がその群れを統率している
と言うことです。
群れの中から女王蜂をとってしまうと蜂たちはバラバラの動きをし始めます。
女王蜂の出すある周波数が蜂たちを一つにさせていると思います。
これは、アリなども同じでしょうし、人間社会もリーダーがいなくなると無秩序になってしまい
ます。

以前エントロピーの話をしましたが、生命とはエントロピーが低い状態を維持することであり
それは、秩序を維持することです。
女王蜂や女王蟻はドンドン子どもを産み生命の循環をつくり続けます。
つまり、女王こそがエントロピーを維持する源だと言えるのだと思います。
私は細胞においてもこの女王生命維持説を持っています。
つまり、女王蜂ならぬ女王細胞がいるのではないかと・・・。
癌とは、この女王不在の秩序を失った細胞の増殖なのではないかと。
女王細胞が鎮座する場所は脳下垂体かな。
2009年04月14日 (火) | 編集 |
2009.4.14

ミツバチがドンドン姿を消しているという報道を何度も耳にしました。
また、太陽黒点が長期間出ていないとも。
ミツバチのいなくなった原因は、いろいろ言われていますがその中で「蜂群崩壊症候群」が
一番の要因だと思っております。
さらにこの「蜂群崩壊症候群」の原因は、太陽の黒点と関係していると私は考えております。
具体的には、磁場の影響です。
蜂は、なぜ遠くまで花の蜜を探しに飛んで行っても自分の巣に戻ってこられるかと言いますと
自分の巣やその周囲の「磁場」を覚えていて戻ってきます。
蜂自身がS-N極の磁石になっています。
ある機械で蜂に強い磁場を与えこのSN極を反転させてしまうと、その蜂は自分の巣に戻れ
なくなってしまうのでした。
ですから、巣の周囲の磁場が変動してしまうと蜂は巣に戻れなくなるわけです。
それらは、渡り鳥やイルカ、クジラなども同じです。
最近、イルカが大量に陸に打ち上げられて、それを海に戻そうとする報道もありました。
彼らも、磁場を頼りに泳いでおりますので、磁場が狂う環境があればこのような事態に
なります。
それは、海に浮かんでいるGPSの電磁波が影響している可能性があります。
蜂に関しても携帯の基地局の電磁波などが影響していると考えられますし、私はその他に
太陽の黒点の影響ではないかと思っています。
この太陽の黒点がでない時期が長期間続きますと、過去に大きな地震が起こっております。
このように磁場は地震や通信、生体行動などにも大きく影響を与えていますので、その仕組み
や対策方法を知っておくことはとても重要だと考えております。
ライフフィールドセラピスト講習会では、そのへんも詳しくお話ししますので興味のある方は
ぜひご参加ください。


2009年04月13日 (月) | 編集 |
2009.4.13

連立遠方からご来店いただきとても感謝感激です。

今日は、四国からご来店いただきました。


デニスの部屋で記念写真をパチり!!

相変わらず、精霊が写り、お客様も喜んでいました。


先日もご来店いただいたお母様と娘さんがそれぞれ精霊と記念写真。

今のところ100%カメラに写ってくれます。
2009年04月11日 (土) | 編集 |
2009.4.11

水銀の変動
   画像クリックで拡大

このグラフは、私が定期的に行っている爪分析検査から水銀の量の変化を調べたものです。
単位はmg/kgで、1kg(体重ではありません)中に何mgの水銀が含まれているかを表して
います。
許容値は、体内毒である可能性のある水銀が人間の体内にこの量内であれば問題ないとされ
ている量です。具体的には、0~0.74mg/kgが水銀の許容値です。
他にも体内毒の可能とされるミネラルには、アンチモン、ニッケル、ヒ素、パラジウム、バリウム、
銀、ベリリウム、タリウム、蒼鉛(そうえん)、ウラニウム、カドニウム、鉛などがあります。これらの
ミネラルも爪分析により、その量を調べることができます。

 さて、私の水銀の量ですが、これまで7回の検査を行ってきました。1回目の検査後からデトックスHG
を飲み始め、毎回確実に減少してきていました。しかし、5回目以降にデトックスHGを飲んで
いるにも関わらず水銀の量が上昇してしまいました。  
5回目の検査を行う頃からとても体調が悪く特に「怖いくらい物忘れ」が増えはじめ、6回目の検査
の頃には、「ちょっとやばいなあ」と思えるほどでした。6回目の検査結果が来た時に驚きました。
なぜこんなに水銀が急に増えたのかと…。いろいろ原因を考えましたが思い当たりません。そして
体調は悪くなる一方でした。なぜ5回目以降に水銀が増加してしまったのか・・・。

閃きました!!そう言えば、あの頃から電動歯ブラシを使い始めていたのでした。なぜ電動歯ブラ
シが問題かと言いますと、私はこどもの頃に歯の治療でアマルガムを入れていたのです。アマルガ
ムの中に含まれる水銀が、電動歯ブラシで削られてそれを吸い込んでいるのではないかと思った
のです。アマルガムは、簡単に削れてしまうのです。しかも、熱にも溶けやすく伝導歯ブラシの振動
とその熱によって削れてしまっている可能性があると考えました。それから電動歯ブラシをやめ、し
ばらくしてからまた爪分析を行いました。それが7回目の結果です。やはり急激に改善していまし
た。40年前に治療したアマルガムが原因だったなんて・・・。

アマルガムはラバーダム法と言う方法で除去しなければ除去するときに2次被害がでてしまいま
す。そのような方法ができる歯科医院が近くになく、なかなか外せないでいますが、今回のことで
早く何とかしないとならないと痛感いたしました。
 
水銀中毒の最初の現れる体の変化として、以下のような症状が現れると言われています。
不眠症、目まい、疲労、居眠り、虚弱、吐き気、食欲不振、食欲減退、記憶障害、神経過敏、頭痛、
皮膚炎、無感覚、情緒不安定、そして腎臓の機能障害が報告されております。また、水銀中毒の
段階が進みますと、歯の損失、不随運動(勝手に手足の筋肉が動く)、感情の激しい乱れ(錯乱)、
腎不全にいたる場合があるとされています。

デトックスHGはこのような有害ミネラルの排泄のために作ったサプリメントですので、お役にたてれ
ば嬉しく思います。


2009年04月10日 (金) | 編集 |
2009.4.10

私は、レスキュー隊の救助活動をみていると涙が溢れ出て止まらなくなります。

また、特攻隊の話を聞くと同じように涙が止まらなくなります。

理由は分かりませんでした。

どちらも「命がけで誰かを守るために頑張る人達」と言う共通点がありますね。


セラピストの成り立ての頃にある人を助けたくて命がけで治療していたことがります。

当時は、霊能力を使って治療していたのですが、その方に憑いている邪霊をすべて

自分に引き寄せそして助けようとしました。


心臓が止まりそうになりました。

苦しかったです。

でも、その人が助かるなら・・・ との思いで必死にセラピーしました。

でも、助けられず亡くなってしまいました。

まだ30代の若い方でした。


そのときに自分の力のなさを責めました。

セラピストを辞めようと思い、数か月何もせずに休んでいました。

すると「先生また治療してくれませんか」と言う方が次々とやってきてくれました。


自分を信頼してやってきてくれる方がこんなにいるんだ・・・。

もっと腕を上げもっとたくさんの人を救えるようになろうと思い直し、また治療家の

道を歩み始めたのでした。


レスキュー隊を見て流れる涙は、きっとあの頃の自分と同じように命がけで頑張っている人

たちへの憧れや尊敬の念からだと思うのです。



2009年04月09日 (木) | 編集 |
2009.4.9

イベントの案内で~す!!

【マイナスエントロピー瞑想会】                                        

「魔法使いデニスの部屋」が完成しましたので、ここでマイナスエントロピーを体感いただきたい

と考え、瞑想会を下記にて開催することにいたしました。

ヒーリングストーンも使っての瞑想です。精霊に囲まれて魂まで癒しましょう。



■日時:4月19日(日) 13:00~14:30
■場所:「魔法使いデニスの部屋」プレバランス本部内
■参加費:3000円
■定員:4名(先着順)
■申込先:0120-65-2134(プレバランス本部)
   デニス
マイナスエントロピーのデニスの部屋
2009年04月06日 (月) | 編集 |
2009.4.6

どうしても仲良くなれない人がいますよね。

それは、波長(周波数)の問題なんです。

波長が合わない人とは絶対に仲良くなれません。

それは、国でも同じですね。

北朝鮮とは、仲良くなれませんよね。

でも北朝鮮と仲のいい国もあります。


皆さんはどうしても仲良くできない人とどうしてますか?

お付き合いしませんよね。

国でも同じようにするしかないのだと思います。



2009年04月03日 (金) | 編集 |
2009.4.3 その2

引越しの方角と時期のご相談を受けることが多いのですが、私の考えとしましては

「条件が整って動きやすい時に行きたいときに引っ越すべき」だと思っております。

引っ越す時期は、例えば子どもさんがいる方は新学期前とかが良いわけですね。

また、占い師に「東はダメ」とか言われても、ビジネス上その場所が最も仕事しやすい

のであればその場所に行くべきです。


占星術的にみると、その場所や方角に行ったから悪い事が起こるのではなく、悪い時期だから

悪い事が起こっていることだと考えています。

むしろ不動産の電磁場などを住環境の方を最優先に考えるすべきだと思いますね。


数年前に占星術のカウンセリングを受けたお客様からお電話がありました。

独立して事業を始めたいという方でした。

私は、一番運気が上昇する時期をお伝えし、その時期に事業を始められることをお勧めしました。

その方は、私の言う通り数年間その時期まで待ってから事業をはじめるました。

先日の電話で「仕事もドンドン入ってきてとても順調です」と喜んでいました。


引っ越しや事業のタイミングは、これから上昇運気に入るときが良いと思っております。

最もまずいタイミングは、運気がピークのときに始めることです。


100年に一度の不景気と言われていますが、であればこれからは運気がよくなると言うこと

ですね。

でも、今が底だとは思えません。

事業のタイミングは、やはり底を打った時ですので、今は企画や事業戦略を練ったりの段階だと

思います。
2009年04月03日 (金) | 編集 |
2009.4.3

IMG_2243.jpg
先日、上野の国立博物館で「阿修羅展」をみてきました。

とても素晴らしかったです。

国立博物館は、私が大好きな場所なんです。

今の時期、桜も咲いていて最高です。
IMG_2239.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。