開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月27日 (木) | 編集 |
2008.11.27

CMの影響は大きくて体に良くないものも「商品名」や「俳優」さんのイメージや解説で

それが体に良いと思いこまされてしまいます。(洗脳)

セラピーに来られる方の中にはまさにCMや健康番組の影響でそれを真面目に摂取して

いる方が本当に多いと思いのです。


私は民放の健康番組はまず信じません。

その多くはスポンサー優位の内容だからです。

昨日も鳥インフルエンザのテレビがやっていましたが、CMに製薬会社が流れていました。


一つの例で言えばお酢が健康に良いと思っている方は多いと思います。

CMでワンスプーン♪ ワンスプーン♪ ラララ・・・と軽快な音楽が流れると

毎日お酢をスプン1杯飲まなければと思ってしまいますよね。


お酢を飲んで胸焼けした経験がある方はおりませんか?

胃酸が多い方が強酸性の酢を飲んだら????


そうなんです。体質によって、またイライラしている方で胃酸が多い方は火に油を注ぐことに

なってしまいますよね。


もちろん酢が合う方もおります。消化力が弱い方にはよいかと思います。

自分の体質、体調にあった健康法を知ることが大切です。

一人ひとり体質は違うのです。


これまで、五十肩で肩が上がらなくなった方を何人かみてきました。

その中で何人かがお酢を取り過ぎていること原因でなっていることがありました。


何でお酢と五十肩が関係するのか??

この続きは、別なブログ「エネルギーセラピー」で書きたいと思います。







スポンサーサイト
2008年11月25日 (火) | 編集 |
2008.11.25

先日、島田紳助が司会でカンボジアに学校を建てようという番組がありました。

芸能人を中心にた絵画のオークションでそのお金で学校を建てる費用を捻出する番組でした。

とても感動して、しばらく涙が止まりませんでした。


メディアは、恐怖番組(リアルナ殺人事件報道や残酷なドラマなど)やいろいろな偽装や詐欺問題

を放送し、国民に余計な恐怖や不信感を与えていることに憤りを感じていますが

でも、一方で今回の番組のように国民に助け合いの気持ちを起こさせることも可能なわけです。

改めてメディアの影響力の大きさを感じました。

日本を変える力があるのは、政治ではなくメディアではないかと思います。


私は、島田紳助さんが党首となり、橋下知事、東国原知事をメンバーとした新党を結成すれば

日本は大きく変えられると感じました。

芸能人が一致団結すればできるかも知れませんね。

現実になるといいのですが・・・。


この番組の最後に出展された長渕さんの不動明王の絵は最高額の800万円の値がつきました。

不動明王は、私の大好きなシヴァ神でもあり破壊と創造の神様でもあります。

今、時代はいろいろなものが崩れ始めていますが、それは、また創造の始まりでもあります。

不動明王が、100枚目の最後の絵だったのは今の時代を象徴しているようにも感じました。






2008年11月22日 (土) | 編集 |
2008.11.22

「あなたは人を簡単に信じすぎるから騙されるので注意して」と忠告されることがあります。

でもそんなことはありません。私は、人の言うことを信じていません。


それは、私も含め人間は不完全だからです。

人間は、神様ではありませんので過ちをおかしますし、自分が正しいと思っていることも

それが本当に正しいかどうかわからないのです。


ある宗教をやっている人は自分の宗教が一番正しいと思っていると思います。

ある政党を支持する人は、自分の政党が一番正しいと思っていると思います。

西洋医学を信じている人は西洋医学が一番正しいと思っていると思います。

民主主義を信じている人は民主主義が一番正しいと思っています。

でも、何かのきっかけでそれらが「どうも違うなあ」と感じることがあり、方向が変わることが

あります。



それは、私自身もこれまでいろいろな変遷があり、今の治療や考え方に行き着きました。

ですから、10年前に私が信じていいたものと、今信じているものでは違いがあります。

それは、気付きだったり、進歩だったり、成長だったりしますね。


科学も日々進歩しています。

その時代の科学で正しいと思ったことも、時代が変われば正しくないこともあります。


常識も時代が変われば非常識となり、非常識が常識になることもあります。

このように日々変化する社会や科学、人の考え価値観。

人は、騙すつもりはなくても時の流れとともに変化していきます。


「あなたを世界で一番愛している」と言われた方は多いと思います。

今はどうですか?

もちろん同じ思いを続けている方もたくさんいると思います。

しかし、人生には宇宙一愛してしまう人が現れてしまうことがあり、世界一

愛している人を傷つけることもあります。


人の心は時の流れとともに変わるものです。

それは、裏切りではなく成長であったり、また「脳の慣れ」だったりします。

新しい刺激を求め進化し続けるのが人間です。


そのような意味で「私は誰の言うことも信じていません」

ですから、騙されること(そのつもりはなくても)や気が変わり嫌われたりするのも仕方ない

と思っています。


ただ唯一信じている存在がいます。

それは、自分自身(守護霊)です。


人生にはいろいろな分岐点があり、どちらの方向に行くべきか迷うことがあります。

その時に人にいろいろ相談することがあると思います。

いろいろ人生経験の多い年長者の意見を聞くこともあると思います。

もちろんそれは悪いことではないと思います。

しかし、それが正解とは言えないのです。

時代は進化しています。年長者の意見は、その進化にあった考えではないことも多いからです。

この続きは、運命についての話になりますので、下記の別なブログで書きますね。

http://prebalanceas.blog109.fc2.com/blog-date-20081122.html
2008年11月21日 (金) | 編集 |
2008.11.21

昨日、高校生の娘がUFOをみたと言うことで大騒ぎでした。

友人に話したらほとんどの人から「テレビの見過ぎ」だと笑われたそうです。

私は、これまで5度ほどみました。

その中でも一番印象的だったのは、十数年前に夜中にかなり近い距離でグルグルとまわって

いるUFOをみた時です。

あまりに近くなので怖くなって車で逃げましたが、自宅まで追いかけてきましたので家に逃げ込み

ました。凄いUFOだったので証拠を撮ろうとカメラを持って外に出たらいなくなっていました。

その時は、とても怖かったのを覚えています。


ある時にこんなこともありました。

ある女性が訪ねてきました。その方は、宇宙人から頭にチップを埋め込まれたと言うのです。

「そんなバカな」と思いましたが、それが本当だったので驚いたことがあります。

私は、他のブログ(エネルギーセラピー)でも書きましたが、かなり微弱な磁場を感じることが

できます。

その手で、埋め込まれたと言う頭部に手を当てましたらパスル波が一定のリズムで出ていたの

です。「うっそ~!!そんなバカな」と思いましたが、その反応は普通の脳からは絶対に感じられ

ない磁場だったのです。

信じてもらえるかなぁ。


2008年11月19日 (水) | 編集 |
2008.11.19

風邪が流行しているようです。

風邪の菌が私たちを守るために存在していると言ったら変に思われるでしょうね。

でも実際にそうなんです。

風邪の菌は、体が酸性のときに増殖します。

健康な人の体は弱アルカリなのですが、疲れや不適切な食事などで体が酸性に傾くと

体は、自己浄化機能で風邪の菌を呼び入れます。


症状としてまず食欲がなくなります。

これは、食事によってさらに体が酸化することを抑える働きと、免疫を上げまた熱を出して

菌をやっつける準備をおこなうために、消化に使うエネルギーをセーブするためです。

大人になると、食欲がなくなっても習慣的に食べてしまいますが、幼児をみていると人間の

本能的な反応がわかります。幼児は、食べなくなります。親としては心配でしょうが、これは

浄化に備えるために自然の働きです。

それでも無理やり食べさせたりすると今度は扁桃腺が腫れてさらに強制的に食べられなく

します。


次に、下痢や咳、痰などで毒素を体外に出そうとします。

そして、それらがある程度進むと熱を出して菌をやっつけて、汗がでて浄化終了となります。


しかし、風邪の菌を敵と思うとその対処が違ってきますね。

食べないと菌に勝てないからと言って食べることを勧めます。焼き肉などは、さらに体を酸化

させますが、スタミナをつけるようにと積極的に食べた方がいいと思っている人もいます。

下痢や咳、痰がでるとそれらを止めるお薬を飲み、抗生物質で菌をやっつけようとします。

熱が出れば解熱剤で熱を下げようとします。

これが一般的な治療だと思うのですが・・・

どこか違っていることに気付かれると思います。


風邪は、体の浄化システムの一つだと理解できるとこのような対処療法ではなくもっとシンプル

なものになります。

食事を抜くか、控えめにして、アルカリ食品を食べ、水を飲み、免疫を上げるために休息を

とり、発汗を促進するように温めてあげます。

これで風邪は改善します。

風邪の菌が悪いのではけしてありません。

彼らは、私たちを守るための存在しています。ですから、風邪の菌がこの世からいなくなることは

ありません。


このようなメカニズムをエネルギー的な視点で説明する講演会(下記)を行うことにしました。

興味のある方がご参加ください。

癌や鬱病、アレルギー、自閉症などのメカニズムについても解説したいと思います。

【講演会】
http://www.prebalance.com/img/1207.pdf
2008年11月17日 (月) | 編集 |
2008.11.17

今朝のテレビで大原麗子さんの病気「ギランバレー症候群」についてやっていました。

この病気は、別な番組でもやっておりましたが筋力がなくなっていく難病の一つですよね。

番組で紹介された内容では30年も前からこの病気で苦しんでいたようです。

その他に乳がんだったりもしたようで、女優として華やかに見える部分とは逆にとても

苦しい病気との闘いがあるみたいです。

この番組で印象的だったのが、レポーターが「頑張ってください」と言った時に

「私は頑張るのが嫌いなんです」 「頑張ったからこの病気になってしまったんです」と言う返答

でした。

その通りなんです。

病気の人の多くはストレスが原因でその中でも「頑張り過ぎる」ことで病気になっています。

私も体調を壊した時期があり、まさしく「頑張りすぎ」が原因でした。

そこに気付くのに病気になったように思えます。


頑張り過ぎは「大腸」に悪影響を与えます。

病気の多くの原因は「腸」ですから、ギランバレー症候群も腸に問題があるのかも知れません。

このへんいついては、別なブログで詳しく書きたいと思います。



今頑張っている人、あまり頑張らないでくださいよ。

頑張らなくても何とか生きていくことはできますから。

その分「知恵」を使いましょう。





2008年11月12日 (水) | 編集 |
2008.11.12

今日は車で福島県まで出かけました。

紅葉がとてもきれいでした。

写真を撮ってくるのを忘れました。


帰りの高速はとても面白かったです。

私の前に警察のパトカーが走っていました。

速度制限が80キロなので、当然パトカーは制限速度を守っています。

ガラガラの高速を制限速度で走られるとイライラしてきますが、さすがにパトカーを

追い抜くことはできません。

何も知らない後続車が追い越し車線を凄い勢いで迫ってくるのですが、パトカーに

気付くとみんな、走行車線にスピードを落として入ってきます。

しかし、その中で勇気のある車がパトカーを追い越しました。

速度は90キロくらいでしょうか。

私は、その車がどうなるのかみていましたが、パトカーは何もしませんでした。

10キロオーバーはいいのかな?

その追い抜いた車は、その90キロほどのスピードでドンドンパトカーから離れていきました。

何かその光景は、まるで忍び足でソーッと猛犬の前を過ぎていく人のようで滑稽でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。