開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
2008年07月31日 (木) | 編集 |
2008.7.31

骨折をしたり、脳梗塞などになったときにリハビリをして社会復帰しますが、精神的な病気のリハビリの体制は肉体的なリハビリ体制よりもかなり遅れているように思います。

精神的なリハビリにはまず「住環境の整備」が必要だと思います。
程度にもよりますが電磁波や騒音などがない自然の環境で「情報汚染」から解放させて脳を休ませる必要があると思います。

段階的にストレスを与え、最終的には様々なストレス(情報ストレスも含め)に対応できる精神状態に戻すことになります。

肉体的なリハビリは、歩けないとか、補充器具を使って歩けるなど目に見えてその方の状態を把握できますが、精神的な状態はなかなか判断できないので、それらの基準をつくる必要があると思います。

自殺者が多い背景には、心が骨折した状態を見極めてリハビリまで対応できる医療機関がないことも多いと思います。

自殺者の多くは、自殺前に医療機関を訪れていると言います。

でもその医療機関のリハビリも含めた体制ができていないので結局は死にいたってしまっている感じです。

心のリハビリの部分で何かお役に立てられないかと具体的なことを考えています。


2008年07月30日 (水) | 編集 |
2008.7.30

別なブログ(エネルギーセラピー)で詳しく書きましたが、長いこと体調不調の方の原因は、畳の下の「掘りごたつ」でした。

これまでにも花粉症の原因が「電車」だったり、空気清浄機だったり、入れ歯だったり、無線lLANだったり、定年で辞めた夫だったりと想像もしないことが病気の原因でした。

その原因を解き明かすのは、クイズのような感覚ですがその答えが判った時の快感はセラピスト冥利につきます。

私は、2万人以上の方のセラピーを通じて病気の症状とその原因はほとんどの場合、別なところにあるということがわかりました。

頭が痛いから頭に原因があるのではなく、ほとんどは別な部位(たとえば、腸や膀胱など)にあります。

私の知人が脳外科の病院の看護師をしているのですが、来院する人の多くはMRIやCTなどをとっても「異状なし」と言う結果がでているそうです。

私は長年坐骨神経痛で悩んでいました。

病院でのレントゲンでは、椎間板がヘルニア(飛び出している)状態で神経に触っていると言われてまして、コルセットをするなどの治療をしましたが、何十年も改善することはありませんでした。

でも、自分の研究でわかったことは体内毒素で血液か酸化傾向になることで起こることを突き止めました。

そして、食事療法をすることで何十年も続いた腰痛から解放されました。


ある方は、目の奥が痛いと来店されました。

目の奥が痛い場合、胃酸が多いことを体が教えてくれます。

原因は、お酢の摂りすぎでした。


病気には必ず原因があります。

その原因にいかにたどりつけるか・・・。

それは、どれだけたくさんの原因究明の情報を持っているかということなんですよね。

原因探しは、ホント クイズのようなもので、カウンセリングで糸口を探し、それをたどって原因に行き着く。

血液検査やMRIでわかるのは、肉体の病気の箇所であり、その部位がなぜ病気なのか?と言う根本原因を突き止めるているわけではないのです。

掘りごたつの上に寝ていて病気になっていたなんて誰もきづかないでしょうね。(笑)


2008年07月28日 (月) | 編集 |
2008.7.28

最近、私のHPでは「爪分析の資料請求」が多いので爪分析のことを書きたいと思います。

プレバランスでは、爪分析結果からアメリカの最新栄養療法に基づき、お客様にもっとも必要なパーソナルサプリメントをご提案しております。 

体内の3%に過ぎないミネラルですが健康維持には大変重要な役割を持っております。
テレビのCMなどで「亜鉛や鉄が少ないので○○の商品を食べるように」とありますが、少ないことも問題ですが、ミネラルはバランスですので「過剰」であることも問題なのです。

CMは、どうしても商品の売り上げを伸ばすために「摂取」を勧めます。
でも不足しているのか、足りているかわからないで摂取することはどうかと思います?

十分に足りている場合には、何もお金をかけて摂らなくてもいいですし、逆に多すぎると問題になってしまうことも知らせるべきです。(もちろんCMで言うはずもありませんが)

サプリメントもそうですね。
必要もないものを摂る必要がありません。

すべてはバランスですので、良いと思われるものはそれを続けることでバランスを崩してしまいます。

プレバランスは、名前の通り「バランス」を重要視しております。

自分のミネラル状態をご確認してみてはいかがでしょうか。

爪分析は下記のアドレスから
http://www.prebalance.com/-sup/eiyou.html
2008年07月20日 (日) | 編集 |
2008.7.20

お客様と「最近は伝える必要がない情報が多すぎる」という話題になりました。

お客様の近くに住んでいるお年寄りの夫婦が「最近テレビをつけるのか怖い」と言ってみないそうです。

朝一番で毎日のようにワイドショーでは殺人事件をリアルに放送しているからだそうです。

怖い話に人間はとてもとても好奇心を持つようになります。

それは、自己防衛本能です。

また、それによりアドレナリンがでますので、体が活性化しますし、怖い情報は脳に記憶されます。

ですから視聴率を考えると「怖い話」は、いいわけです。

でも、そのために社会全体を恐怖と警戒の状態のしています。

事件そのものは、ニュースとして流してもいいでしょうが殺人事件をリアルに放送するのはやめて欲しいものです。

それも、一日の始まりである朝から流すのはどうかと・・・

ゴールデンタイムにはお笑いの番組が多いのですが、これで多少バランスがとれているのでしょうかね。

私は、朝は元気になる放送や感動するいい話などを流して「よっしゃー頑張るぞ!!」という気持ちになれる一日の始まりとして欲しいものです。






2008年07月18日 (金) | 編集 |
2008.7.18

自然界の生き物を観察しているといろいろなことが見えてきます。

私は、風水師としての仕事をするときに最も重要視しているのはその住環境の動植物です。

前回のアリの話のようにそれらを観察していると土地の健康状態がみえてきます。

前のブログでアリが私の足元に寄ってきた話をしましたが「寄ってくる」「離れていく」というのは、その周波数が好きか、嫌いかということです。

例えば、ゴキブリやネズミが多い環境は誰も良い環境とは思わないと思います。

病気すると腸内の悪玉菌が増えるように、腐敗や劣化、酸化する環境にはそれらを好む生き物が集まってきます。

そのような動植物が多い場所では健康でいられませんし、商売もうまくいきません。

それを方位方角や西側に黄色いものを「風水」として優先する考え方はどうかと思います。

もっとその環境の動植物を観察して不動産を選ぶ必要があります。


ある方が癌になり、亡くなってしまいました。

その方は、梅干しを作るのが上手で毎年作ったものをいただきました。

しかし、亡くなる年は梅干しが腐ってしまい。その方も気味悪がっていました。

ある方は、毎年手作りのお味噌を作っていましたが、ある年の味噌に虫がわいているので気持ち悪くなり、それ以降味噌は作らなくなりました。

実は、その年にご主人がなくなりました。


このように、自然界の動植物や現象を観察しているといろいろなことが予知できるようになります。


なぜ梅干しが腐ったのか?

なぜ味噌に虫がわいたのか?

それらの現象を測定器などを使い科学的に解明できれば、より信頼性の高い風水鑑定やセラピーができるのではないかと考えています。



2008年07月17日 (木) | 編集 |
2008.7.17

早朝、近くの海岸へ散歩にでかけました。

近くと言っても車で7、8分ほどの距離ですが。

昔は、この海に海水浴によくきました。

砂浜で驚きの光景があり、そのため30分はその場所に釘付けでした。

それは、アリが一匹砂浜にいたのです。

そこは、砂浜のど真ん中です。

どこから来たのか?

どこに行こうとしているのか?

こんなところに一人で仲間がいなくて心細くないのか?

ちゃんと巣に戻れるのか?

どうして、こんなに動けるパワーがあるのか?

アリのエネルギー源はなんなのか?

アリに心臓はあるのか?

アリに神経はあるのか?

感情はあるのか?

などと考えていたら、アリから目が離せなくなってしまって30分も観察していました。

不思議なことにアリに1メートルほど近づくと、アリは私の足元に寄ってきます。

何度繰り返しても私の足元に寄ってきます。

でも、2メートルでは寄ってこないのです。

たぶん2メートルでは私のエネルギーを感じられないのでしょう。

アリは目は悪いそうなので、触覚で感じる周波数でいろいろ判断しています。

臭いをつけながら遠出するので、その途中につけた臭いを頼りに戻るそうです。

ヘンデルとグレーテルがパンをまきながら自分の家に戻った話を思い出します。

そして、出先で食糧をみつけた場合には、帰り道に特殊な臭いをつけながら戻ります。

そうすることで、別のアリたちも食料のあるところにその臭いを頼りに向かうわけです。

アリの大群は、そうやってできるわけです。

でも、アリには鼻がありませんので臭いはわかりません。触覚で感じる周波数の違いで判断します。

彼らのいろいろ使っている周波数が分かれば、アリを迷子にさせることも集めることもできます。

そんなことを考えながら、砂浜でジーッとアリを観察していました。

でもそのようなところからいつも「病気を治すセラピーの方法や機器の開発ヒント」が浮かんできます。

それにしてもアリ凄いパワーがあるなあ。


2008年07月10日 (木) | 編集 |
2008.7.10

洞爺湖サミットが無事に終わりました。

「何もなくてよかったですね。」

でも成果も「何もなかったですね。」

予想通りですけどね。

次回のサミットは「アルゴア」が大統領になりリーダーシップをとり環境問題をやらないとだめでしょうね。



みなさんも感じませんかね。

これまでの社会とはまったく違った社会に向かっていることを。

強いリーダーがいないのです。

それは、国ベースでも同じです。

格差があった分、その格差に気づいた人や国が平等を主張するようになってきました。

全世界で起こっている暴動もそうです。


格差社会に向かっているように思いますが、違います。

それは一時的なものです。

全世界が、平等な社会へと向かっています。

それは、素晴らしいことです。

でも、その社会ができる前に格差を埋めるべく破壊・崩壊がおこります。

中国やインド、北朝鮮など格差のある国はこれから大変ですね。

それは、数十年続くと思います。

その後に素晴らしい平和で平等な社会ができます。

そのことを今回のサミットで感じました。





2008年07月07日 (月) | 編集 |
2008.07.07

癌探知犬という特別な訓練を受けた犬がいるそうです。

何でも癌細胞のからは特別な臭いが出るのでそれでわかるそうです。

私も犬には負けますが、厄病神と貧乏神の臭いがわかることを以前のブログに書きました。

ある方が「貧乏くさい人」はわかると言っていましたが、当時はそんなの嘘だろうと思っておりました。

でも、わかるようになるのですよね。


臭いの分子は、電気信号に変換され脳で分析されるようになります。

実際には、エネルギーのパターン(周波数)として認識しています。

それが訓練や経験を積んでいるうちに臭いの違いでいろいろなことが分析できるようになります。


地震前の大気の異常を感じたり、臭いで病気の人がわかったり、霊的なエネルギーを感じたり、電磁波を感じたりととても研究には役立つ能力ですが、生活する上ではきついですね。

犬たちはどうしているのかなあ?

臭い場所でもどうして平気でいられるのだろう????

犬を何百キロ先に捨ててきても戻ってくるという話を聞きます。

犬は、飼い主が帰ってくる前に路面と飼い主の靴の間に発生する磁場の変化でわかるようです。

それだけ敏感な犬たちは現代社会でよく平気でいられますよね。

電磁波過敏症や化学物質過敏症の犬はいるのかな???