開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月28日 (土) | 編集 |
2008.6.28

私たちの脳は、同じ刺激を受けているうちにその徐々にその刺激に慣れてしまいます。

例えば、同じアロマの匂いを嗅いでいるとその香りに脳は反応しなくなります。

お笑いの「一発屋」と言われる人たちも同じです。同じ芸を繰り返しみていると脳が反応しなくなってきます。

ですから、子どもたちが同じゲームをやっていると飽きてきます。

最近のゲームはリアルなので敵を殺すゲームをやっている内にそれらにも脳が慣れてきてしまいます。

野鳥やウサギを惨殺する事件の報道があります。

現実と仮想が区別つかなくなってきてしまうのでしょうね。怖いことです。

医療関係者も同じです。毎日、人の死をみているうちに「悲しみ」の感情も薄れてきます。

毎日、殺人のニュースが流れてくると「またか」というように反応しなくなってしまいます。


私は、さまざまな病気や事件のポイントは「脳」への情報が影響しているとみています。

子どもの脳は、まだそれほど情報を記憶していませんから幸せです。

そして、老化とともに脳は情報を記憶できなくなったり、記憶が徐々に消えてきて子どもに帰っていきます。


頭が良い人(記憶力が良い人)は、脳に情報が多く書き込まれるために、悩みは多くなります。

最近の犯罪者の報道で「マジメで頭がよい」と紹介されます。

私は、幸せであるためには「不必要な情報」をあまり、脳に記憶させないことだと思っております。


私は、子どもたちに「勉強しなさい」と言いません。

だって頭が良いから幸せと言うことはありませんからね。

何でも適当がいいのではないかと思います。

今、バカキャラが人気がありますが、彼らからは癒しのエネルギーを感じますね。


スポンサーサイト
2008年06月27日 (金) | 編集 |
2008.6.27

現代社会は「情報」の時代です。

世界中の情報を集められるようになりました。

しかし、必要のない情報も見る機会が増えてきました。

迷惑メールなどはその一つですね。

特に子どもたちには有害です。


テレビもそうですね。

必要もない情報が流れていることも少なくありません。

視聴率をあげるため、ものを売るために「必要でない情報」がドンドン脳に記憶されていきます。

ワイドショーで殺人に関する情報を「リアル」に詳しく報道しています。

これは、視聴率のためであり、情報としては多すぎます。

恐怖を植え付けたり、精神的に不安定な人に刺激を与え時には犯罪を誘発させてしまいます。
 

情報氾濫の中で「必要な情報だけを受け取る」ための整備が必要な時代であると思います。

私たちセラピストも慎重に情報を提供する必要があります。

真実を話すことが、そのクライアントにためになるとは限りません。

必要な情報だけをお話しする必要がありますね。


最近、ブログに書いたものをよく削除してしまうことがあります。

それは、真実を書くことで読まれた方に「恐怖」を与えたりしていないか・・・とのことからです。






2008年06月23日 (月) | 編集 |
2008.6.23

私達の生活の中には情報が多すぎるのかも知れません。

知りたいこと以外の情報や知らない方が幸せな情報も次々と入ってきます。

その情報によって救われることもありますが、その情報によって混乱してしまうことも少なくありません。

メディアは、とても慎重に情報を扱うべきです。

通り魔犯罪の情報を流すことで多くの人が「自分も被害に遭うのでは」との恐怖心と警戒感を持たせてしまいます。

先日もブログで書いたようにそのような被害に遭うことは「交通事故」に遭うよりも可能性は低いのです。

でも、その情報が毎日のように事細かく報道されることで多くの人が人間不信にはいってしまいます。

その結果、ますます人間関係が希薄になってしまいます。

秋葉原の通り魔殺傷事件も、あの時救助に力を貸した人々の報道を毎日流せば、逆に通り魔の恐怖よりも、救助した人の勇気や優しさに感動して「みんなが協力しよう」という風潮になると思います。

しかし、残念なことに被害者の報道が中心に流れるために、恐怖が植えつけられてしまいます。

地球環境問題もそうかも知れません。

危機的な状況ばかり報道されると「未来への絶望感」が出てきます。

しかし、危機的な状況を救おうと頑張っている人やそれを改善する技術を中心に報道されれば、自分にも何かできるかもしれないとか、その技術を使った未来に希望を持とうと言う気になると思うのです。

報道の切り口を変えるだけで、世の中は変わります。

メディアの力は大きいのですよね。
2008年06月20日 (金) | 編集 |
2008.6.20

3万人の自殺者の中でうつ病による自殺者が最も多いそうです。

昨晩のNHKでうつ病の特集がありましたが、現在治療を受けている人が100万人で、最近の傾向は、抗うつ剤で逆に悪化するうつ病や(双極性障害)やこれまでのうつ病のパターンに属さないケースなどがあり治療が難しいそうです。

うつ病は脳の病気ですので、その脳に「これまでと違う何か」が起こっているわけです。
10年前から増えている傾向があるということは10年前から急速に普及した携帯電話や無線LANではないかと私は考えています。

下記のブログをご覧ください。
携帯電話が脳に与えるダメージを想像していただけると思います。
もちろん、うつの原因はこれだけではないと思います。
しかし、その可能性は否定できないと思います。
http://biophoton.blog104.fc2.com/blog-category-5.html

それと自殺の原因やうつ病に関係している感情があります。
それは「孤独感」です。

現在肺がんが増えています。
肺に最も影響を与える感情が「孤独」なんです。

秋葉原の無差別殺傷事件の加藤容疑者も「孤独」が原因であったと思います。

そう考えますと、病気や事件の背景には希薄になってしまった人間関係や弱者や敗者を受け入れてあげることのできない社会の問題がみえてくると思います。

それらを改善する答えは、やはり「愛」に行き着きます。

経済発展や医療の進歩が重要ではないのです。

年金や医療制度の充実ではなくみんなが助け合って生きられる社会を創りましょう。



2008年06月19日 (木) | 編集 |
2008.6.19

昨年も自殺が3万人を超えたそうです。(10年連続)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080619-00000016-yom-soci

原因のトップは「健康」で、次が借金・・・

60歳代と30歳代が増えているそうです。



生きていくということは本当に大変ですよね。

毎日が修行(苦行)です。

「健康でしかもお金の心配をしなくてもよい方法」いろいろ研究しています。

確かに自殺すればこれらから「解放」されます。

でも、生き抜くことに意味があり、その知恵が神様から与えられています。

私の現時点のその答えが「運命を解読する方法」です。

それが占星術(プレバランス・アストロロジーです。

今が苦しいと未来に希望が持てずに悩み苦しみます。

でも、運命は決められており、今の苦しみから必ず解放される日がきます。

その日が分かれば安心できるはずですね。

今は梅雨の季節です。

しかし、必ず梅雨が明け太陽の季節の夏がやってきます。

人生も同じです。

梅雨があるから、夏の水が確保されます。

悩みの時期があって、幸せを感じることができます。

明日もがんばって生きていきましょう。
2008年06月18日 (水) | 編集 |
2008.6.18

先日ツバメが巣立っていったことを書きましたが、また新たにツバメがやってきて
巣作りを始めています。

これまでは、年に一回だったのに。

先日新聞にツバメの巣作りが早まっているというのか載っていました。
やはり温暖化のせいみたいです。

スバメは幸運を運んでくると言われ縁起がいいそうです。

そういう意味では二回来てくれることは嬉しいのですが、お店の玄関の上なので
また糞の掃除が大変です。(^^;;

2008年06月11日 (水) | 編集 |
2008.6.11
 
秋葉原の無差別殺人は、けして許される行為ではないけど、彼のおいたちや殺人までの経緯の報道をみると「とても愛に飢えていたんだなあ」と思ってしまいます。

彼は、彼女が欲しかったようですね。

誰か彼を愛してあげる人がいたらこのような犯罪は起こらなかったのではないかと思います。

ナイフを買いに行った時に、そのお店の女性店員と楽しそうに話してるビデオが流れていましたね。



先日もブログで書いたばかりですが、すべては「愛」で改善すると思うのです。

犯罪の取り締まりを強化するより、新薬を開発するより、もっと助け合い、励まし合い、愛し合う社会を作れば病気も犯罪も減ると思います。

メディアの影響力はとても大きいので、24時間テレビのような番組やエコロジーの番組などをドンドン流せば、みんなの意識も変わり、愛に満ちた社会が作れると思います。

ケーブルテレビでもいいから、とにかく24時間そのような番組を流す専用局があると世の中を変えられると思いますね。

自然災害、食糧危機、犯罪の増加、病気の蔓延、経済危機、教育の崩壊とどれも最悪の状態ですが、今こそ反転の時期と思うのです。

そして、それらのすべての解決方法は「愛」であると思います。

自然を愛すること、弱者を愛して手を差し伸べること、菌やウイルスも愛してあげること、お金より命(愛)を優先する経済とすること、知識を詰め込む教育ではなく、人を愛し、自然を愛してあげる教育に変えること。

私は、すべてが愛で解決できると思うのです。

もちろんお金も大切です。言いたいのは、そのバランスです。


2008年06月09日 (月) | 編集 |
2008.6.9

人間は、同じストレスを受け続けていると慣れてきます。

嫌なこともいつかは平気になってきます。

厳しい環境であってもそれに順応できるようになります。

病気も長く続くと徐々に平気になってきます。


愛も同じなんですね。

いつも愛されていると当然だと思うようになってしまいます。

その愛を継続するためには「感謝」が必要なんですね。

何かしてもらった時に「ありがとう」ということで愛は継続できます。

愛には感謝が必要かと。




2008年06月08日 (日) | 編集 |
2008.6.8

今日、お店の軒下にいた子ツバメ達(4羽)が無事に巣立っていきました。

ツバメがお店に巣を作るようになって今年で3年目になります。

いつもなら今頃に巣作りが始まり7月末に巣立っていくのですが、今年は一ヵ月もはやかったのです。

これも温暖化の影響でしょうか。


2008年06月05日 (木) | 編集 |
2008.6.5

病気だからと言って不幸とは限りません。

逆に健康だからと言って幸せとも言えません。

健康であっても多くの試練と闘いながら生きている人もいます。

病気であってもいろいろな方から愛されて生きている人もいます。

病気になると自分は不幸と思ってしまいがちですが考え方を変えてみるとそうでもないかも。

子どもの頃に病気になると母親がとても心配してくれて嬉しかった。

自分だけ特別な食事になったり、欲しいものを買ってもらえたり・・・。

病気でいることが嬉しかった。幸せに感じた。

本人も気づかないけど病気が治らない人の中には愛されることに餓えているケースもあります。



喘息を持つ子のセラピーをしていて気付いたことがあります。

それは、母親の愛を自分に注目して欲しくて喘息になっているケースです。

下の子が生まれてお母さんの愛情が自分以外にも向けられてしまうことによる「嫉妬」が関係していることがあります。

病気であることで自分に愛が注がれるから。

※6月22日に喘息」のセミナーを行いますのでより詳しくはその中で説明します。


私は、病気は薬ではなく「愛」で治すものだと思っております。

それは、突きつめていくと「愛」が足りないことで病気になっていることが多いからです。


愛もいろいろです。

職場の人間関係のストレス。 例えば上司や同僚にに嫌われているとか。

家庭のストレス。夫や子どもに愛されていないとか。

世間が誰も自分を愛してくれなくて孤独でいるとか。

その結果、うつ病になったり、自殺したり、やぶれかぶれになって犯罪を犯したり・・・。


だから、病気を治したり、自殺を減らしたり、犯罪を減らすには
薬や防犯、取り締まりの強化ではないと思うのです。

愛してあげればみんな解決すると思います。


だから私は、クライアントに「どうやって愛を注げばいいのか」を考えています。

セラピーは技術を磨くよりも、愛をたくさん注ぐことに徹すればいいと思っております。

だってそれが、本当に一番効果があるからなんです。



2008年06月04日 (水) | 編集 |
2008.6.4

今年もお店の玄関の軒下にツバメが子どもを作りました。

去年と同じ巣を使っています。毎年新しく作るのかと思ったら違うのですね。

ツバメの子どもは5羽いましたが、1羽が巣から落とされて死んでしまいました。(かわいそうに)

しかし、ツバメの成長の速さには驚きます。

つい最近羽化したかと思ったら、アッと言う間にツバメらしくなっています。

もうしばらくすると巣立っていくのですかね。

自然界の一年は同じリズム(周波数)で流れていると感じます。

そのリズムが狂わなければ同じように何事も進むのでしょうが、今地球はリズムが狂ってしまっために不協和音を出し始めました。

もちろんこのリズムを狂わせてしまったのは私たち人間なんだと思いますが。

5月に台風が4つきました。リズムが狂っているからでしょうね。

一度狂ってしまったリズムを戻すには地球レベルではとても時間がかかると思いますので私が生きている間には元に戻らないでしょうね。

来年もツバメが同じようにくるのかな。


2008年06月03日 (火) | 編集 |
2008.6.3

ガソリンの価格が170円代になっていました。

200円代になるって言いますけどね。

車に乗る人が減ったそうです。

外食する人が減ったそうです。

ハブリット車が売れているそうです。

今朝のテレビでプラスティックを石油に簡単に戻す装置をやっていました。

食料品なども値上がりしています。

水は500ccで100円以上しますので1リットルはガソリンよりも先に200円になっています。

よく考えると自然は貴重なんだということですよね。

安く大量に手に入るから無駄に使ってしまう。

宝石は、石なのに希少価値があるから高価です。これも自然の産物ですね。

動物も希少動物は保護されます。

少なくなるとみんな大切にされます。

お金も少なくなると計画的に大切に使います。

「自然の大切さ」を学ぶ時期なのかも知れませんね。


2008年06月02日 (月) | 編集 |
2008.6.2

最近原油価格の高騰で私の仕事にも影響があります。

それは、原材料が値上がりしたということで仕入れています「サプリメント」や「マッサージオイル」そして宅配便の運賃などの値上げの要求が来ているからです。

物質医学は、このような「物質」を使いますので資源が少ないものは高騰してしまいます。西洋医学のお薬は石油で作っていますから薬代も値上がりするでしょうね。

それに対してエネルギー医学は、物質は使っておりませんのでこのような問題がほとんどありません。せいぜい消耗品の部品ぐらいでしょうかね。

SV-1で使う電力も考えなくていいほどです。

原油の高騰は物質からエネルギーに移行する時代を象徴する流れのように感じています。
2008年06月01日 (日) | 編集 |
2008.6.1

私はセラピストとして最終的な目標(夢)があります。

それは病気のない世の中にすることです。

でもある人から「そんなの絶対に無理」と言われました。

たぶんそうでしょうね。

病気のない世の中ってどんな感じなんだろうとイメージしようとしますが、できません。

それは、あまりにもたくさんの病気があるから。

でも3000年前には病気はなかったと言います。

みんな植物や木のように寿命がきて枯れるように死んでいったのでしょうかね。

また3000年前の病気のない世界に戻せたら嬉しいですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。