開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年04月29日 (火) | 編集 |
2008.4.29

5月1日からまたガソリンが値上がりするようですね。
なんでも1リットル160円になる可能性があります。

原油価格が値上がりしている影響も大きいですね。

皮肉なことに地球温暖化のためにはガソリンが上がった方が効果がありますね。




スポンサーサイト
2008年04月26日 (土) | 編集 |
2008.4.26

最近の私は地震を予知できるほど敏感になっていることをブログで書きましたが、今もさらに六感すべてが超敏感な状態です。

最近は、匂いにも敏感になっておりまして「厄病神」と「貧乏神」の臭いが分かるようになりました。

何言っているのか?と思われると思います。

でもわかるようになったのです。

よく「貧乏くさい」と言いますが、これって本当だということがわかりました。

陰気くさいとか胡散臭いとかも言いますが、これって霊のにおいだったのです。

厄病神や貧乏神は神様のように思われていますが、これは神ではなく霊です。


2008年04月17日 (木) | 編集 |
2008.4.17

羞恥心という曲がヒットしていますね。

昨日友達とこの「羞恥心」が話題になりました。

羞恥心とは、「恥ずかしい」と感じることですよね。

その「羞恥心」が日本人になくなってしまったのではないだろうかと言う話です。

昔の人はとても「恥」と言うことに敏感だった。

大和魂、ヤマトナデシコ

大和民族は、誇り高い民族だった。


いろいろな「品格」が話題になっていますが、この「品格」とは羞恥心があるかと言うことだと思います。

子ども躾(しつけ)でも、「○○をしちゃダメ」と叱るより、「○○をすることは恥ずかしい」と教育すると効果があるそうです。

民放はもっと品のある番組を作るべきですね。
「メディアの品格」がなくなってきています。

視聴率のためにまさしく「羞恥心」のない番組が多すぎると思います。
芸人ももっと品格を持つべきです。
裸で笑いをとるのは恥ずかしいというより情けないです。

それが毎日のように放送されると、それに慣れてしまう。
下品なことも平気になってします。
ドンドン日本人の品格がなくなってきております。
それは、テレビの影響がとても大きいと思います。

知らず知らず私たちは羞恥心がなくなってきております。


2008年04月10日 (木) | 編集 |
2008.4.10

私は、雨男です。

車を時間をかけて洗った日は80%以上の確率で雨が降ります。

そのたびに「せっかく洗ったのに」とがっかりします。

ですから天気予報をみて降水確率がゼロのときに洗うのですが、それでも雨が降ってきます。

先日も降水確率がゼロなので朝から車を洗い始めました。外も良い天気です。

すると、太陽は出ているのに雨が降り出しました。

陽がさしているのに雨が降る。なんだこりゃって感じです。


以前晴れ男の人と賭けをしたことがあります。

その人は、ゴルフの時に雨が降ったことないと言うのです。

その日は天気予報では晴れです。

ゴルフを始めてハーフが終わり昼食をとっているときも快晴です。

午後のラウンドがスタートしてまもなく大変な雷雨になり、ゴルフが中断しました。

賭けは私が勝ちました。

ゴルフのスコアでは負けてしまいました。


先日、私は雨女なんです。という女性と打ち合わせをすることがありました。

その日は、まるで台風のような暴風雨で電車が遅れて到着しました。

二人についている龍神さまが笑っているように思いました。


2008年04月06日 (日) | 編集 |
2008.4.6

昨日オーラの泉と言う番組に東国原知事が出演していました。

大阪の橋下知事もそうですが、日本を変えてくれるのは国会議員でなくて知事たちだということがこの番組をみて解りました。

今の国会議員は最悪ですね。

与党もそうですが、民主党も最低です。

国民のことよりも、打倒自民党を一番に考えていますから、自民党が国民から不信感をもたれるようにととにかく「反対」「反対」で混乱させようとしています。
国が混乱することで、自分たちが政権を取ろうとしているのですから、最悪です。
そんな民主党に国を任せられないし、かと言って今の与党でも全然だめですよね。

こんなときに他国からの攻撃を受けたり、大災害などが起こっても今の政治家には何も対応はできないでしょうね。期待もできないです。

もく腐りきっている政治にはうんざりしていました。


でも、最近「地方が国を動かすことになるなあ」と感じています。

昨日のオーラの泉で東国原知事がそのような使命で出てきていることが理解できました。

彼が日本を変えますね。

彼に触発された知事たちが頑張るようになり、国民不在の政治をやっている国会議員が知事たちの活動をみならうようになるでしょうね。

知事を中心に国民がまとまり、地方から政治が変わり始めますね。

がんばれ全国の知事!!
2008年04月01日 (火) | 編集 |
2008.4.1

前回、現代医療の治癒率の低さを書きましたがこれがいろいろな問題を引き起こしております。

よく救急車の搬送先がなくて途中で死んでしまったと言ったことが報道されます。

また、医師が不足していると言った報道もよく耳にします。

これらの問題は、治癒率が低いことが影響していると思います。
 
医師が不足しているのではなく、治らないから病人が増えているとも言えますね。

もちろん、ちょっとした病気で病院に行きすぎる点も問題だとは思います。


2006年のデータですが、他殺でなくなる方は1200~1300人です。これは20年横ばいだそうです。最近のニュースでは、殺人事件が多いような印象を受けますがそうでもないのですね。
交通事故が6300人ほどですので、それと比べても1/5程度です。
ワイドショーなどであまりにリアルに報道するから国民に「自分も被害者に遭うのではないかと」とても恐怖心を植え付けてしまいます。先日の調査でもかなりの方が、そのような恐怖を持っているようです。
とくに先日の土浦の無差別殺人などはそう感じた方が多いと思います。
現在日本の人口は1億2000万人ですから、データからみれば「殺される確率」は年間で0.001%と極めて低いのです。
データ的には、殺されるよりも交通事故で死ぬことの方が5倍も恐怖ですね。


しかし、自殺は一桁違います。年間で約32000人の方が自殺しております。
これは、十年前と比べると1万人ほど増えています。
「死」という意味では、増加傾向にあるこちらをもっとクローズアップすべきでしょう。

自殺者の約35%が60歳以上の高齢者です。
自殺者の41%の約13000人が「健康問題」で死んでいるそうです。

ここで、やっと冒頭に書いた「治癒率が低いことがいろいろな問題を引き起こしている」ことと関係していることがご理解いただけたと思います。

これからの高齢化社会の大きな問題は、拡大する医療費と医師不足、緊急の時のタライ回し、そして病気を苦に自殺する高齢者などが大きいと思います。

その対策は、薬に頼らず、副作用がなく、治癒率の高い医療へのシフトであると思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。