開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
2008年02月28日 (木) | 編集 |
2008.2.28

タミフルが効かない耐性インフルエンザで集団感染が起こっていました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080228-00000010-yom-soci

現在騒がれております、新型インフルエンザ用に国内にかなりのタミフルが備蓄されていると報道がありましたが、この結果はタミフルが新型ウイルスに対して期待できない可能性があります。

ウイルスや菌はどんどん進化していきます。
もう今の医療でこれらに対応することは限界なのではないでしょうか。

エネルギーセラピーの提案



2008年02月25日 (月) | 編集 |
2008.2.25

東北農政局が作った「米の作りすぎは、もったいない!」「米の過剰作付けは、資源のムダづかい」というポスターが農家の方から猛反発をされています。

先日も食料自給率で書きましたが、「米は日本人を救う食糧として確保しておかなければならい」大切な穀物です。

このような農業政策にはホントがっかりします。

【問題の農業政策の記事】
http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/?m=m20080225-057&e=agricultural_policy
2008年02月24日 (日) | 編集 |
2008.2.24

やっと風がやみました。

それにしてもこんなに強風が長時間続いたのは記憶にないですね。

台風のときの風もすごいですが、こんなに長い時間ではないので初めて経験する強風かもしれません。

やはり温暖化による異常気象なのでしょうか。

今年から地震が多発するとも言いますし、なんとも不気味な2008年です。

会社の前の電話線が切れてしまいましたので、NTTの工事の方に来ていただきました。
何でも町内で20箇所もの電話線が切れたということです。
強風の中復旧工事をしていただき感謝!!感謝!!です。

電話線が切れた場合「113番」に電話すると来てくれます。一時停電も起こりました。
IMG_1013.jpg

2008年02月24日 (日) | 編集 |
2008.2.24

昨日から強風で凄いことになっています。
こんなに強風がずっと続くなんてあまり経験ないですね。

昨日から何か良くないことが起こりそうな胸騒ぎがしています。


2008年02月22日 (金) | 編集 |
2008.2.22

統合失調症の方は、頚椎のずれがありそこから他の魂が何体も出入りして代わる代わる肉体を操るため起こっている症状です。

先日も、この疾患の方のセラピーをおこない、カイロプラクティックで背骨のチェックをしてきてもらったのですが、「曲がっている上に捻じれていた」とうことです。

精神的な病気は、まず「背骨」を治すことをお勧めします。


下記の画像は、私が信頼しているカイロプラクターの先生のところで背骨の歪みをチェックできる機器で撮影したものです。赤い部分がずれが大きいところです。
骨

画面クリックで拡大
2008年02月20日 (水) | 編集 |
2008.2.20

約一か月続いた水星の逆行期間が終わり、ホッとしています。
この時期は、いつも何かとトラブルが多いからです。

逆行明けの本日、さっそく科学風水鑑定行ってきました。

今日は春の日差しがキラキラとして温かくて気持ちよかったです。





2008年02月17日 (日) | 編集 |
2008.2.17

ついに日本の「食料自給率」が39%になってしまったとの報道がありました。

この食料自給率はカロリーベースに算出されるもので、このような算出法をとっているのは日本だけだそうです。

食料のカロリーから計算しているということは、カロリーの高い食材を多く生産すれば当然自給率は上がります。

そして何よりも国民が贅沢になって食べる量が増えたことが自給率の低下になっているようです。

ですから、もしこの農林水産省が指標としている「食糧自給率」をアップさせるなら、カロリーの高い食材を多く生産して、国民がもっと質素な食事にすればいいことになりますね。

このような指標はおかしいと思いませんか?

以前インシュリンダイエットが流行ったときにカロリー計算の仕組みを勉強しましたが、このカロリーの計算そのものがおかしいです。

例えば、生の大豆と納豆を同じ量だけ食べたとします。
生の大豆は、消化されませんのでそのまま便から出てきます。
納豆は消化しやすいので栄養に変わります。

でもカロリー計算上は、同じ大豆だから「何キロカロリー」を摂取したと同じカロリーで計算されます。

栄養とは、消化されてはじめて栄養となるわけですので、食べ物に含まれている食材で計算しているカロリーなんておかしいです。

私の知り合いに管理栄養士さんがいるのですが、その方は玄米菜食です。この玄米菜食をカロリーで計算すると成人が一日必要とするカロリーに全然たりません。
しかし、この食事の方が調子が良いし元気だと言っています。

仕事上、お年寄りに「牛乳」を飲んでくださいとか、もう少しカロリーを摂りましょうとか言っていてとても矛盾を感じていると話していました。

カロリーが足りないと言うことで朝から肉を食べさせられていたお年寄りが体調を崩してしまい、私は「粗食に」に戻してください。と言って食事を戻したら元気になりました。

だって、大食いのギャル曽根さんをみるとわかりますよね。
もしあの食事がみんなカロリーにかわっていたら絶対に病気になっていますし太ります。
彼女は、消化しないで便としてだしているからあの体型でいるはずです。

カロリー計算もこの「消化」を考慮しなければ正しくだせないと思いますし、食材も生と加工したものでは当然カロリーは、違ってきますのでそれとすべて同じと考え「カロリー表」計算していること自体おかしいと思います。

また、その「カロリー表」を使って「食糧自給率」を計算している農林水産省もおかしいですね。

ただ、重要なことは「お米」の生産量が明からに減っていることです。

玄米は、ビタミンA、C、Dを以外のすべての栄養素が入っています。
ですから、ご飯、味噌汁、漬物と言った日本食を栄養面は問題ありません。

不測の事態が起こり、海外から少し大きい文字の食糧が入ってこなくても「お米」さえあれば日本人は生きていけます。

農林水産省は、カロリーベースの食糧自給率などで自給率の問題を訴えるよりも、遊休水田を減らしお米を作る政策をしっかりおこなうべきだと思います。
これが本当の自給率改善となると思いますし、危機管理となると思います。

そして国民は、もっと食べる量を減らすべきです。世界的にみても贅沢過ぎです。
民放も「大食い」番組やグルメ番組で「もっともっと食べよう」と国民の食欲をあおることを改善すべきではないでしょうか。スポンサーのCMはある程度仕方ないとしても、とにかく料理を取り上げた番組が多すぎます。

極端なことを言えば、国民が「腹八分」の食事にするだけで食糧自給率はお幅に改善します。そして、ダイエットもメタボリック対策もできます。病気が減れば国の医療費も減少します。

「もっともっと食べよう運動」が視聴率をアップさせ、ダイエット業界と医療業界を潤わせています。しかし、それが日本人をどんどん病気にさせ、食料自給率まで下げ、不足分を他国から輸入しなければならないという悪循環を招いています。そして、その輸入した食料の半分を捨てている私たちはもっと「食べられる」と言うことへの感謝や、犠牲になっている動植物の命に対しても考えるべきではないでしょうか。近い将来、そのつけは「地球温暖化」のように必ず私たちにも戻ってくると思います。






2008年02月15日 (金) | 編集 |
2008.2.15

昨日あるテレビ番組で「命の洞窟」と言うのをやっていました。

何でも像が何千年も前からその洞窟にやってきて牙で洞窟を掘っていると言うことです。

その理由はその洞窟の土に含まれる「ミネラル」を摂取するためだそうです。

ゾウがせっせと掘った洞窟の土を食べ、他の草食動物もゾウが掘った土のおこぼれを食べていました。

何でも草食動物は、ミネラルが必要とのことです。

でもその洞窟にミネラルが多いこと知っていて草食動物がみんな集まってきているなんて不思議でした。


プレバランスでは、爪分析によるミネラルバランスの検査を勧めてきましたが、このテレビをみてやはりミネラルはとても重要であることを再認識しました。


2008年02月13日 (水) | 編集 |
2008.2.13

ジュセリーノの予言の番組はみましたかね。

地震、新型ウイルス、温暖化など私たちにとってこれからの未来は大変なことになりそうですね。

地球の浄化が始まっているのですよね。

地震も、火山噴火も洪水も、伝染病も・・・。

みんな地球の浄化なんですよね。

一度すべてを破壊してもう一度自然と調和した地球に戻すための浄化。



2008年02月10日 (日) | 編集 |
預言者ジュセリーノ

彼が「未来は決まっている」ということを証明してくれます。
下記の番組(2月12日)をぜひ見て欲しいと思います。
そして「これからどう未来を変えていくか」ということを考えていきましょう。

http://www.tv-tokyo.co.jp/contents/newtitle/2008/01/011866.html
2008年02月10日 (日) | 編集 |
2008.2.10

若返りの最後の決め手は「腎臓」です。
腎臓は、血液を浄化する「フィルター」の役割を持ちます。

このフィルターの機能が低下すると血液がドロドロとなり、その結果老化となります。

腎機能が低下してくると顔がくすみ、クマなどできてきます。
また、腎が弱ると肺が弱り肺が弱ると皮膚が弱ってきます。
さらには血液が汚れますと肝臓の機能低下にもなってきますので、疲労感や湿疹などもでてきます。
精力が減退し、男性機能なども低下してきます。

腎臓は、一度壊れると元に戻らないと言われております。
治療家としてもとても改善が難しい臓器の一つです。

この腎臓が元気になれば体全体が元気になり若返ってきます。

浄水器のように簡単にフィルター交換ができるといいのですが、人間では腎臓移植のような手術や人工透析しなければならなくなってしまいますね。

この腎臓を元気にするものが、この前のブログで書きましたゴマハニー、栗、などなのです。
そして、髪技パワーというサプリメントに含まれる「キクイモ」などなんですね。


2008年02月08日 (金) | 編集 |
2008.2.8

若返りの次のポイントはホルモンです。

100年ほど前に「エドガーケイシー」という有名な超能力者がおりました。彼は、どのような疑問や質問にも答えた人で、難病ので苦しむ方の90%以上を治す方法を教えてくれました。

その質問の中に「美容」に関することもたくさんありました。

彼のリーディングによれば若返りに関係するホルモンは「甲状腺」のようです。

前々回紹介しました「髪技」というサプリメントは、彼のリーディングに基づいて開発されています。この商品は、大変リピート率が高くその結果からも甲状腺の改善が若返りのポイントであると確信しております。


【髪技、爪分析、デトックスHGなどの商品】
http://www.prebalance.com/list/index.html
2008年02月07日 (木) | 編集 |
2008.2.7

若返りのポイントは、解毒とホルモンなんです。

まず、水銀などの重金属をいまはやりのデトックスすることです。
以前、女優の森みつこさんの水銀がとても少ないというのをテレビでやっていました。
水銀をデトックスする肌の状態が違ってきます。

私は、デトックスHGというサプリメントをもう1年以上飲んでいます。
爪分析検査で、4カ月に一回チェックしていますが、かなり水銀が減ってきました。

最初に検査したときには許容値をかなりオーバーしていました。

もうすぐ、4回目の検査をする予定ですが、今回で許容値に入るのではないかと楽しみにしています。

爪分析に関しましては、下記をご覧ください。
http://www.prebalance.com/-sup/eiyou.html
2008年02月06日 (水) | 編集 |
2008.2.6

最近何人もの方から「若くなりましたね」と言われます。

2年ほど前になりますが、一気に白髪や抜け毛が増えて真剣に「このままではやばい」と思った時期がありました。

そして、その後体調を壊してしばらく静養したことがあります。

この一年は、とても体を大切にしてあまり無理して仕事をしないようにしました。

サービス業でありながら土日祝日は休みにして、また正月休みなども大企業並みの大連休にしました。

また、治療家でありながらここ1年は週二日(木・金)しかセラピーは行っておりません。

お客様には、ご不便をおかけしておりますが体調を壊したことで「自分を一番愛する(大切)にする」ということを学んだんです。

「人のために」「世の中のために」と必死で走ってきましたが、「自分のために」が後回しだったんですね。

そのようなゆったりした毎日と健康的な食事と電磁波などをすべてカットした住環境の中、1年間静養しました。

その結果「若返った」と言われるようになったのです。

実際に白髪がかなり減りました。
疲れもほとんどなくなりました。

最近、「この食事が最高だったな」と言えるのもがあります。
それは、毎日朝食にご飯は食べずに「栗」「枝豆」「柿」「ゴマハニー(ゴマと蜂蜜)」と山芋のスープをとることです。(プラス 髪技という甲状腺にいいサプリメント)

これを3か月続けることで白髪が減り、若返ったのでした。
【プレバランスのホームページ(髪技などのサプリ)】
http://www.prebalance.com/index.html
2008年02月03日 (日) | 編集 |
2008.2.3

今日は朝から雪が降っています。
子どもの頃はとても嬉しかったのですが、大人になると何かと大変になるので困ります。

私が目指しているのは汚れなき「童心」を取り戻すことなんですが、子どもの頃に雪をみてワクワクした気持ちがなくなっているようではだめですね。

除雪しなければならないとか、仕事に影響するとかばっかり考えてしまいます。

今日は子どもと雪で遊べる~  なんて思えるといいのですが。

でも子どもも大きくなってきたので「寒いから嫌だ!!」なんて言われそうですが(笑)
2008年02月02日 (土) | 編集 |
2008.2.2

明日は、節分で豆まきですね。

子どもの頃は、近くのお寺の豆まきによく行ったものです。

そのお寺では、お金も一緒にまきます。おこずかいなどあまりなかった時代です。そのお金を拾って近くの駄菓子屋でお菓子を買うのが楽しみでした。

そのお寺は現在立派な五重塔が建っています。(写真)

お金をうまく拾うコツがありました。それは、豆やお金をまく人など上を見ないで足元をみるのです。

下を向いていてしゃがんでいた方が、上を向いていてしゃがむ人よりも動作的には速いので沢山ひろえるわけです。

おこずかいの少なかった子どもの頃は、とても重要な行事だったので子ども心に必死に考えたワザでした。(笑)
048.jpg