開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
2007年09月28日 (金) | 編集 |
2007.9.28

最近携帯電話の機種変更をしました。今はほとんど3G携帯になっているみたいですね。

3G形態はこれまでより出力が大きいため、電磁波としては強力になります。

昨日お客さん様との電話が長くなり、今日は頭が「グワングワン」言っています。

私は地磁気を感じるほどエネルギーに敏感なので、携帯電話と長く使っていると調子が悪くなってきます。

世の中には私と同じ体質(ヴァータ体質:詳しく別のブログの医療占星術を参照)の方でこの電磁波に苦しんでいる方は多いと思います。

電磁波を無害にするグッツはいろいろありますが、実際にはパルス波などの影響もありますので私は「これはいい」というものにあまり出会っていませんね。

携帯は便利なのですが、健康は別問題です。何とかこの電磁波を無害にするものを開発しないと・・・。

そろそろその開発に着手しようと思っております。
2007年09月22日 (土) | 編集 |
2007.9.22

毎朝テレビをつけると毎日のように「殺人事件」のニュースをやっています。

もううんざりです。
殺人事件をあんなに詳しく(リアルに)報道することで、視聴者に何かプラスになることがあるのでしょうか?

一日のスタートが「殺人事件」の悲惨な話でスタートするのは、一日が暗くなってしまいます。

みのもんたの「朝ズバ」は特に不愉快です。
もうこの番組はみないことにしました。
朝から、ハイテンションのみのもんたと悲しい話、怒りの話には疲れてしまいます。報道する側もストレスになっていないのでしょうか?

朝から流れる「悲しい話」「怒りを覚える話」「恐怖の話」には
このことが知らず知らず私たちに恐怖心や人間不信などを植え付けています。

メディアの社会へ与える影響はとても大きくなっています。

今の報道では、みんなが人も政治も信じなくなり、私たちの心の中に恐怖や怒りの感情が増幅してしまうでしょう。

ニュースはNHKの報道の仕方がいいように思います。民放は、視聴率を上げるために面白おかしく脚色して報道してしまいます。

殺人や犯罪を犯しているのはほんの一部の人で、圧倒的に良い人の方が多いと思います。

どこの放送局でもいいから「人間の信頼を回復する番組」を流してくれるところはないでしょうか。
例えば、日テレの24時間テレビのような番組です。
何も年に一回だけでなく、あのような人と人が助け合い、励ましあう内容の番組が毎朝流れたらきっと私たちも感動し、何か人のために役立ちたいとか思うようになるのではないでしょうか。

いじめの報道を流するより、人が助けあっている報道を流す方がいじめは減るでしょう。

地球温暖化による危機的な情報を流すことも必要かも知れないけれど、それを何とかしようとして頑張っている人たちの姿を報道する方が「自分にも何かできないか」という思いがうまれると思うのです。

みんなが悪いことやっていると自分もやってもいいかと思ってします。逆にみんなが良いことをやっていると、自分も良いことをしようという気持ちになります。

悪い報道3割(脚色せず報道)、良い報道を7割にすると良いでしょう。

一日の始まりの朝はとても大切です。
朝一番で入ってくる情報が「楽しい情報」と「怒りや悲しい情報」ではその日一日が違ってきます。

それは、もっと大きな意味では「朝は未来をイメージさせます」
ですから、朝一番の情報は「未来をイメージさせてしまう」のです。

生きる希望や喜びや楽しみがいっぱいの未来をイメージできる番組を作って欲しいと思います。





2007年09月16日 (日) | 編集 |
2007.9.16

12日の安倍首相の突然の辞任がありました。
原因は、もうどうしようもないほど体調が悪かったのだと思いますが、その体調不良の原因は「人間不信」だと思います。

占星術的にみると、彼は「部下に恵まれない運命」にあります。
あれだけ度重なる「大臣の不祥事」が続くと「今度の大臣は大丈夫だろうか?」という疑念から誰も信頼できなくなってしまったのでしょう。

さらに、今回の組閣では麻生大臣と二人で話し合いながら決めたとの報道がありました。
もちろんそれは、麻生大臣を信頼していたからですが、実はこの麻生大臣が最も彼を裏切ることになりました。
これが決定的となり「切れてしまって突然の辞職」会見となったと思います。
もう誰も信じられないし、そのような状況でリーダーとしてやっていく自信もなくなってしまった。

阿倍総理は占星術的にみると現在、金星、ラーフ期に入ったと思われる。ラーフが「鬱」を表すことから(2010年まで)しばらくは、大変な精神状態が続くことが考えられます。

私は、安部首相はとても誠実でけして人を裏切らない優しい人だと思います。だから、大臣が不祥事を起こしてもかばい続け苦しんでいた。

人間としては、そても素晴らしい方です。それは、彼の「美しい日本」に戻したいという考えからもうかがえ知れます。
本当は、そのような人に今の日本を引っ張っていてもらいたかった。

首相の器ではなかったと言われますが、本当はこのような人が首相であるべきだと思います。
そして、それを支える部下である大臣たちが彼をもっとしっかり支えるべきだった。

途中で投げ出してしまったとの国内外からの批判はありますが、そのような決断をしなければならないほど追い詰められてしまったのでしょうね。
安部首相お疲れ様でした。ゆっくり静養してください。

良い人は政治家に向かないのでしょうね。




2007年09月12日 (水) | 編集 |
2007.9.12

サラリーマン時代には気がつきませんでしたが、無意識で「風水」を勉強していたんですよね。

私は、電子部品の設計をしていました。電子部品は、製品にもよりますが、月あたり100万個以上も生産されるものがあります。
一個の値段は安くても、数が多くなると大変な売り上げにもなりますが、不良品などができてしまうと大変な損害がでます。

必ずっと言っていいほど同じ設計グループの中にクレームがでて大騒ぎになっている設計者がいました。
そしてある時に気づいたのです。
それは、クレームが出やすい席があるということです。
レイアウト変更などの席替えで、その場所に座わることになった設計者は必ずクレームが発生していたのです。

幸い私は、サラリーマン中にその席に座ることはなく楽しく過ごせましたが、皆さんの職場にもこのような場所はないでしょうか?
よ~く観察してみてください。

それは、お店にも言えます。
テナントが頻繁に替わってしまう場所があると思います。そのような場所は、どんなに安い物件であっても借りてはいけません。
もちろん風水的な対策をすれば大丈夫ですが。
それは、方位方角や西側を黄色にするといったことでは改善できません。磁場を改善しないとだめなんですね。















2007年09月11日 (火) | 編集 |
2007.9.11

文字や図形などにもエネルギーがあります。
ですから「お札」のエネルギーが、邪気を寄せ付けないようにデザインされています。

名前にもエネルギーがあります。
以前子どもの名前に「悪魔」とつけた親がいて話題になったことがありました。
多くの人は、子どもが可哀そうと思ったと思います。
それはなぜでしょうか。
その文字から出ているエネルギーや呼び方の音から不快感を感じているのだろうと思います。

私は、サラリーマン時代に社内の電話帳から名前と部署の関係を調べていた時があります。
例えば、「黒」という苗字がつく人がある部署に集中しているということに気づいたということです。(全社の中でその部署にしかいない苗字でした。)
ある部署には「谷」という苗字が集中している。
私の友人には「藤」がつく人が多い。とかです。

文字の持つ波動が共鳴していて集まってくるということです。

そこで、名前と病気との関係を調べてみてある傾向が見えてきました。
その一つが難病の人には難しい名前が多いということです。
他にもある漢字を使っていると結婚運がないとか、「○行」の名前には難病が多いとかです。

私は、字画はあまり気にしませんがバランスを重要視します。

女性の場合、結婚してから運命が大きく変わることがありますが、これは「姓」が変わるからです。それまで調和の取れていた姓名が、結婚して苗字が変わり、バランスが崩れることがあります。










2007年09月10日 (月) | 編集 |
2007.9.10

私の仕事は、見えないエネルギーや情報を使ってのセラピーです。

今の時代は「見えない世界」が認知されようとしています。それらがもっと理解され普及して行くためには「本物と偽物」がはっきり区別される必要があると思います。

科学技術の進歩で、それらの判別が測定機器などで徐々に可能になってきました。

風水もその一つです。風水が「科学」として認知されることもそう遠くないと思います。
写真は、私が普段風水で使っている測定器です。
これらにより見えないものの影響が徐々に見えるようになってきました。

IMG_0779.jpg

IMG_0780.jpg

IMG_0782.jpg


2007年09月03日 (月) | 編集 |
2007.9.3

これまで科学風水鑑定の中で「低周波振動」でお悩みの方の家を調査したことがあります。

この方は、電磁波過敏症でもあるのですが実際には「低周波振動」に過敏でした。

数年前からこの「低周波振動」に悩まれ始めたということですが、原因は近くに建った高層ビルの影響によるものと考えられます。
(建設時期と発症時期が同じでした。)

二階でコップに入れた水を置いてみると確かに振動しているのがわかります。
私は、加速度計をもっていないのでその振動が何ヘルツなのかは調査できませんでしたが、本人が言うようにこの低周波振動が不快感を与えている感じでした。

人間が不快と感じる振動は縦揺れが4~8Hz、横揺れが1~2Hzと言われています。

対策としましては、土地全体が揺れていましたので簡易的な対策は無理と判断しました。家に振動吸収のダンパーを取り付けることなどがありますが、コストがかなり高くつくので現実的ではなく対策らしい対策はとることができませんでした。

都会の環境は電磁波、騒音、振動、空気の汚染など環境ストレスが増大しております。
東京にプレバランスの拠点をとの話いただくことがありますが、まだまだ自然がいっぱいでこの田舎で暮らしている私には、都会に足が向かないのはこの環境汚染が最大の理由です。