開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
2007年08月31日 (金) | 編集 |
2007.8.31

体で異常がある場合、体はいろいろなメッセージを送るシステムになっています。

それは痛みだったり、痒みだったり、だるさ、咳、痰、湿疹、下痢します。

しかし、現代医学はそれらのメッセイージを「止める」と言うことで無視してしまいます。
当然、とても苦しい時、辛い時にはそれらの処置も必要だと思いますが、大切なのはそれらの体のメッセージから何が原因であるかを伝えることだと思います。

その原因とは、「イウルスに感染している」とか「肝機能が低下している」とかではなく、もう一歩先の原因です。

人間関係のストレスから毎晩お酒を飲んでいて、その結果肝機能がていかしているのであれば、そのことを伝えます。

湿疹の原因が便秘だとするなら、食生活の問題。さらには、ストレスにより不規則な食生活になっていなかなどです。

そして、それらの病気を改善するのは薬ではなく「気付きを与える言葉」や「労わりの言葉」だったりすると思います。

多くの病気の根本原因は「心」にあると思います。

これからの医療はもっと「心」を重視したものへとシフトしていかなければならないと思います。

今回開発した「心理・経絡セラピー機器:SV-1」は、そのような理由から作ったものです。
SV-1については下記ブログを参照ください。
http://biophoton.blog104.fc2.com/

2007年08月30日 (木) | 編集 |
2007.8.30

今日は、あるお宅の科学風水鑑定に行ってきました。
以前から自分が磁場にとても敏感だということは感じておりましたが、今日の鑑定では自分でも驚くようなことがありました。

ダウジングを使い、水脈や磁場の乱れたところを探すことができますが今日はそのダウジングで磁場の変動のある場所がありました。

その場所に方位磁石を近づけると方位が確かに狂いました。
調べてみるとその場所にラジカセがありました。方位磁石がラジカセの中の金属に反応したようです。
そのラジカセをよけると方位計は正常な方位をさしました。

そのような磁場の変化を感じ取れる人間の能力というのは改めてすごいなと思いました。
しかし、それは逆にそのような磁場の変化の影響を受けるということの証であり、電磁波や磁場の変化が健康に影響を与えることは明らかと思いました。









2007年08月29日 (水) | 編集 |
2007.8.29

玉沢代議士の5重領収書問題。2重でなく5重ですよ!!
この人、なんと政治倫理審査会長だって。
お金の感覚が麻痺して腐っている政治家たち。

いつも思うことなんだけど、無駄づかいされる税金。
あのお金を私にくれないかと思う。そうしたらもっともっと苦しんでいる人を助けてあげることに使えるのにと。

一生懸命働いて働いてやっといただけるお金。
その税金を無駄にするなよまったく!!!

私は本当に怒っています!!!

それといつも葬儀に出席してむかつくことがあります。
なんで政治家は指名焼香に選ばれるのか。
どんだけ偉いのさ!!

サクラパパのように知名度や人気で政治家を選ぶこともおかしいよ。
結局は、そんな政治家を選ぶのは我々だし、指名焼香も頼むのも我々だからね。
だいたい誠実かどうかは顔(目)をみるとわかると思うけど。
つまり有権者の見る目がないってことだよね。

私は、おやじが死んだ時施主をやったけど、指名焼香は行わなかった。
おやじのことを本当に思ってきてくれる人だけでいいと思った。

形式だけの世の中を変えないとだめだね。
お坊さんや宮司さんも形だけだから供養もお祓いもできていない。
形式だけのお葬式。

みんな形式だけ。
本来の目的や意味がわかんなくなってしまって商業ベースで展開される冠婚葬祭。

医療もだめ。
全然病人が減っていないものね。










2007年08月20日 (月) | 編集 |
2007.8.20

24時間テレビで欽ちゃんのマラソンを感動しながら見ていました。
正直なところ、この猛暑では完走できずにリタイアするのではないかと思っていました。
あの完走でたくさんの人が勇気を与えられたでしょうね。

最近の私のセラピーは、技術面より精神面を重要視しています。ほとんどは、心が病んでいて病気になっていると感じるからです。

あの欽ちゃんの頑張りをみて「俺もがんばってみようか」と思った病気の方や障害を持つ方もずいぶんいたと思います。

それで病気や障害を克服できたとするなら、何もお薬などはいらないわけです。

医師や治療家も「感動や勇気」を与えられれば治せるわけですから「優しい言葉」や「思いやりのある言葉」で救えるということですよね。
「名医は言葉で治す」といいますが、その通りだと思います。










2007年08月14日 (火) | 編集 |
2007.8.14

インドでの霊性修行から帰国して私は霊的なエネルギーを敏感に感じられるようになりました。

その年のお盆に2階の寝室に、大変な数の霊体が集まっていることに驚き(と言うより当時は脅え)怖くて寝られなかったのを覚えております。

「この部屋で大変なことが起こっている」と話したのですが、このようなエネルギーには鈍感な妻は「私にはわからない」と言ってスヤスヤと寝てしまいました。(かなりの大物です)

長女がまだ赤ちゃんの頃だったのですが、長女にはその気配が感じるらしくずっと泣いていました。

そこで思いついたのが「お清めの塩でした。それもある霊能者からパイソルトと言う塩が浄化に効果あると聞いていたので、それを部屋の四隅に置いてみました。すると、まもなくその霊的なエネルギーの気配は消えたのでした。

お盆に本当に霊が帰ってきているということとお清めの塩が本当に効果あることがこの時にわかったのです。

お葬式の最後に出されるお清めの塩は「塩化ナトリウム」のようですが、これでは浄化の効果がないのです。
ですから、私はお葬式ではお清めはやりません。(形式ではしかたないので)

2007年08月13日 (月) | 編集 |
2007.8.13

豊胸手術をした人が自殺する率は通常の3倍との記事がありました。
豊胸手術もいろいろな方法があるようですが、シリコンを脇を切り開いて入れる場合には、胆嚢経絡を切ってしまっている可能性があります。

胆嚢経絡は、ストレスと大変関係深い経絡ですのでその影響があります。
これらの手術をした場合は、「経絡つなぎ」をおこなって切断された経絡をつなげておくといいですね。詳しくは、SV-1のブログをみてください。
http://biophoton.blog104.fc2.com/

ほしのあきさんが豊胸手術をしているとの疑いがありますが、それは可能性が高いですね。と言うのも通常は痩せているのにグラマーはエネルギー的にありえないからです。(でもチャーミングな人ですよね)

女性が美しくなるためにプチ整形などを簡単にやるようですが、それはそれで人生が変わるケースがあるので悪いとも言えないのですが、そのために「健康」を犠牲にしているケースも多いと思います。

私は外見的な美しさより、にじみ出る内からの美しさに魅力を感じます。それは、年を重ねてきたからたからでしょうかね。(笑)

肉体は、いつまでも美しいままでいられませんが、心は心がけ次第では、年々美しくしていくことができます。


2007年08月11日 (土) | 編集 |
2007.8.11

久しぶりのブログです。SV-1の販売が10日で、それに関わる資料やDVDの撮影などで本当に忙しく大変な状況でした。

今日からお盆休みでゆっくりできるようになりましたので、ブログを書くことができます。

この休みには、いろいろ懸案となっていた研究の実験をしようと思っております。
その研究のテーマは「感情の記憶をフォーマットする」ことです。

少し手ごたえを感じています。具体的な成果がでたら報告します。



2007年08月01日 (水) | 編集 |
2007.8.1

今日から8月で新しい月に入りました。
プレバランスは7月が決算月なので、今日から新しい期(6期目)でもあります。

お店の玄関にツバメが巣を作っていましたが昨日が巣立ちの日でした。去年と同じ5羽のツバメが元気に巣立っていきました。
ツバメ達にもプレバランスにも新たな展開が始まります。
「ツバメちゃんまた来年も待ってるね。」