開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
2007年03月31日 (土) | 編集 |
2007.3.31

今日は、うつ病と自信について書きます。

うつ病にかかりやすい人は、完ぺき主義で、まじめで、プライドの高い
人だと言います。
そう言えば自分もそうかも。

私はいつも自信いっぱいで生きてきました。自分で言うのもなんですが
とてもまじめです。また、何でも完璧をめざします。そしてプライド
も高いと思います。

うつ病になったときのことを思い出しますと、プライドをずたずたに
傷つけられたときになりました。それまで自信満々だった私が一気に
「自分はだめだ~」と思ってしまう事件がありました。

その事件以来「私はどう思われているのだろう?」といつも人の評価を
気にするようになりました。自分といつも誰かを比較していたのです。
リストラで沢山の人が自殺したとの報道がありました。これまで企業
戦士として頑張っていた人が肩をたたかれ「戦力外通告」をされたとき
プライドは傷つけられ、また自分の存在価値がないと思えると人はこの
世にいたくなくなるのだと思います。
いじめもそうですね。「無視」されることほどストレスはないと思います。みんな評価されたいのです。自分を認めてもらいたいのです。

自分の存在を無視されたり、評価さないことはとても苦痛です。
これは言い換えると「愛されない」と言うことです。
私は、最近のいじめ問題や様々な殺人事件などの問題は、愛されない
ことによって起こっていると思います。
確かに人を殺すことは許されません。しかし、いじめで自殺する人や
殺人者は孤独なのです。
これらの問題を解決する方法は「愛してあげること」「誉めてあげること」だと思うのです。彼らは、愛して欲しくて、自分の存在を認めて
欲しくておかしくなっているのだと思います。

プライドを傷つけられるとどうなるでしょう?
プライドは自信を失わせます。
「自信」とは自分を信じることです。つまり、自分を評価できなく
なります。自分を愛せなくなります。

私は、うつ状態で苦しむときに人から「評価されたい」「愛されたい」と願いました。「誰か私を愛してくれ~」と。
でも自信をなくした理由が、自分が信頼していた人からの裏切りでした。それから人を信じなくなりました。人を信じないのに愛されたい。

治療家になったのは人を治してあげて感謝されたかったのだと思います。「感謝」されることはとても愛を感じます。それも本当に困って
いる人を救ったときにその感謝のエネルギーは、満たされない愛の
エネルギーを埋めてくれます。

いじめで悩む人、孤独で悲しんでいる人には「ありがとう」って言って
あげることです。ちょっとしたことに「感謝」を表現してあげること
です。

でも、感謝は人を愛してあげることで受け取れるものです。
いじめや孤独で悩んでいる人は、何か世の中のためになることを
やってみてください。愛されることだけを望んでも愛されません。
愛のエネルギーの法則があり、愛は注いだ分だけ愛されるようです。

どのようなこといにも意味があります。
でも私はすべて「愛せますか?」ということの勉強のように思います。
うつ病になっていることにも意味があります。
それは、自分を傷つけた人を「愛せますか?」ということと
そして「自分自身を愛せますか?」という学びと思います。

人を信じなくなった私ですが、それは「人間は不完全だ」ということ
を理解した。と言うことです。
私たちは神様ではありません。自分自身が人を絶対に裏切らないか?
と言われたら、それはわかりません。
だから他の人に「裏切ったらぜったに許さない」なんておかしいと
思ったのです。

では、ぜったに自分を裏切らない存在はいるのでしょうか?
それがいることに気づきました。
それは、自分自身です。自分は、自分のことを裏切りません。
すべてを知っていますから。嘘をついてもばれてしまいますね。

私は、自分を愛することでうつ病から開放されました。
自分を愛すると言うことは「自分を信じること」つまり「自信」を
持つことだからです。
人の評価なんてどうでもいい。誰も一生懸命な自分をみていなくても
誰よりも自分自身が一番わかっているから。
人から馬鹿にされてもいい。そんな自分を自分が守ってあげればいい。
自分の欠点を指摘されてもいい。そんな欠点がある自分が好きだから。
完璧な人なんていやしない。仕事なんてできなくてもいい。それより
自分なりに一生懸命やれたらそれでいい。
自分を愛してください。誰よりも。

私は幽体離脱したことがあります。
自分の肉体から自分が抜け出し、自分を天井あたりから見たことが
あります。トレーニングでそれはできるようになりましたが、とても
危険なので今はやめました。私たちは、車とドライバーの関係です。
肉体という車と魂という運転手が一つとなっております。
自分と自身とは別な存在です。
肉体から魂が離れると、自分を愛するということがよくわかります。
肉体とは、魂の乗り物でしかないということです。
この肉体を車と例えますと、スポーツカーを選択した魂は、かっこいい
が燃費が悪い。人間で言えば、美人だけど浪費家。軽自動車を選んだ
魂は、馬力はないけれど小回りがきいて、燃費もいい。人間で言えば
美人ではないけれど庶民的でしっかりもの。っていう風に、自分の本質が魂であり、肉体はただの乗り物だと理解できるといろいろなことが見えてきます。

自分を愛するということは、今回の人生で自分が選んだ車がどのような
車種なのかということです。
私は幽体離脱をしたときに、自分の車である肉体を客観的にみることが
できたのでした。
そして、その肉体を見ている自分の魂が「ああ、もう何十年もこの
肉体と一緒にすごしてきたんだなぁ」「この肉体は、結構故障(病気)
もしてきたけどいつも一生懸命動いてくれたな」と思ったのでした。
そんな肉体を自分は愛していなかった。可愛がってあげていなかった。
プライドを傷つけられたけど、これからは自分が愛してあげてその傷
を癒してあげようと思い、また肉体に戻りました。

私は、もとの自分に戻り、自信も回復しました。
このことをいつか誰かに伝えよう、そしてそのことに気づいてくれた
なら、またうつ病の人も元気になれるかもしれないと思ったのです。

今日は少し長くなりました。






2007年03月30日 (金) | 編集 |
2007.3.30

今日はうつ病と過労について書きます。
今日のニュースで、うつ病で自殺した小児科医の労災の報道がありま
した。この医師は不眠不休で働いていた感じですね。

うつ病と過労とはどのような関係があるのか私の考えを書きます。
元気、勇気、やる気というポジティブなエネルギーはどこで作り
出されるのでしょうか?
それは肝臓なんですね。私たちの身体の中で唯一再生できる臓器で
す。手術で切除されてもまた再生されると言います。
それだけのパワーを持つ臓器であり、600にも及ぶ機能を持ち
肉体のエネルギーである糖分を貯蔵したりもします。また、毒素を
中和する臓器でもあります。

私の考える過労とはこの肝臓が機能低下することであると考えて
おります。東洋医学では、肝臓は怒りとも関係します。
最近怒りっぽくなってきたと感じたら、それは肝臓が疲れている
シグナルと考えていいと思います。

このように肝臓は怒りという感情にも影響しているのですが
さらに過労が進むと「うつ」と考えております。
怒っているうちはまだエネルギーがあります。しかし、さらに
過労が加わり肝臓の元気がなくなると怒る力もなくなってしまいます。

昨日占星術のラーフのことを書きましたが、ラーフの時期の前は
必ず「火星」という惑星の時期を過ごします。火星は、怒りのエネ
ルギーを放出する惑星ですので、この時期の過ごし方がラーフ期に
影響を与えますので重要になります。

私は、肝臓のケアと治療がうつ病にはとても大切と思っております。
現代人は肝臓を酷使しております。過酷な労働もありますが、遅く
まで起きて(遊んで)いることの寝不足、その他にストレスの影響、
化学薬品、添加物、アルコール、油、砂糖などの摂取でかなり弱って
います。これらを改善することなく、肝臓は回復しません。
うつ病は、身体がもう動けないということで「休ませて」と悲鳴をあ
げているのです。誰とも会わなくなることで人間関係のストレスから
開放されようとします。食欲もなくなり、身体を浄化します。寝ている
ことで身体をやすめます。

病気はけして悪いことではありません。身体が元に戻るためのプロセス
です。うつ病も今までの生活を改める、自然に合った生き方、食事を
考え直すようにと教えてくれています。

うつ病の方はゆっくり休むことです。
その間にゆっくり解毒や肝臓の機能回復をおこない、また勇気、やる気
元気の力を貯めることです。

ラーフの時期が終わると木星の時期になります。木星は、やる気の星で
あり、積極性を与えます。どなたも必ずラーフの後は木星期がやってき
ます。

私は、肝臓の機能回復のため、SV-メシマという商品を作りました。
詳しくは、プレバランスのHPをごらんください。















2007年03月29日 (木) | 編集 |
2007.3.29

今日はうつ病と惑星のエネルギーについて書きます。

これまでのブログもなかなかご理解いただくことは難しいかも
知れませんが、今回は惑星のエネルギーが病気と関係している
ということですからさらに????でしょうか。

私たちの身体の部位には胃、肝臓、腎臓、腸、肺など月という
漢字がつきます。これからも肉体と天体との関係がわかります。
月は肉体だけではなく、感情と関係します。私たちの感情は
惑星のエネルギーに影響します。月は、地球の衛星として地球の
周りを回っていますが、この月は、惑星のエネルギーを反射させ
地球に送ります。その反射した惑星のエネルギーと私たちの感情
や肉体が共鳴します。

私のこれまでの研究で、うつ病には、月と太陽の軌道の交点のエ
ネルギーが影響します。その交点は二箇所あり、インドの占星学
では一つをラーフもう一つをケートゥーと言います。このうちラ
ーフという交点のエネルギーがうつ病に関係します。

うつ病の方の目は昨日話しました邪気の影響で通常とは違った目を
しております。適当な表現がないのですが、例えるなら切れたときの
目つきとでもいいましょうか。また、当然声も違ってきます。
当然元気はつらつではないわけです。そのような方はラーフの影響を
受けていると考えられます。

ラーフの影響を受けているかどうかは、占星学のソフトである
プレバランスアストロロジーで見ることができます。
具体的には、ダシャーシステムというもので調べます。
このダシャーシステムで何年の何月何日からいつまでその影響が続く
ということがわかります。

ラーフの時期は誰もがうつになるのかというとそういうことではありま
せんが、傾向としては多いと言えます。
病気は、複合的な要因が絡み合ってなります。うつ病に関しましても
これまでのブログで書きました要因のいくつかが関係して起こります。
ですから、今までの医学では、真の原因がわからずにただ症状(感情)
を抑えるだけですので、改善は難しいと思います。
うつ病の方は自殺願望などもありますので、薬でそれらの感情を抑える
ことも仕方ないとも思います。ただ、それらの方は思考力ややる気など
も失われてしまうので社会復帰もかなり大変になります。

どのような病気にも原因がありますが、その真の原因にたどり着けない
ために病気は蔓延してしまいます。
人間をエネルギーの集合体ととらえ、エネルギーからみた原因追求を
するなかで真に病気の方を救う方法が見えてくると私は思います。

病気に目を向けるのではなく、病気をミクロとマクロのエネルギーから
とらえることで根本原因は見えてきます。


2007年03月28日 (水) | 編集 |
2007.3.28

今日はうつ病と邪気について書きます。

気巧師などは「邪気」と呼ばれるエネルギーを処理することで
症状を改善することがあります。
私もそのようなセラピーを中心に行っているときがありました。
この「邪気」を感じたり、処理する能力は今から10年ほど前に
突然身につきました。

ある日、妻が腹痛になり、手をお腹に当てたときに初めてビリビリ
と感じるエネルギーを感じたのでした。
しばらく手を当てているとそのビリビリ感はなくなり、その直後
妻の腹痛も消えたのです。

その後、インドや神社などでの修行を行い、これらの感覚はとても
敏感になり病気の原因に「邪気」が関わっていることも感覚として
理解できました。

当時の私は、この邪気を病気の方から取ってあげることでさまざまな
病気を改善するお手伝いをしておりました。
例えば、母が腰痛のときに、その邪気を私の方に呼びよせ、一瞬で
痛みを取ってあげたことがあります。自分にその邪気が来ましたので
今度は私が腰痛になりました。でも、自分でその邪気を処理することで
すぐ改善はできました。

また、ある団体旅行で同室の方がうつ病のときに、その方から邪気を
私が引き受けたことがあります。その方は、とても明るくなられて同じツアーの方たちと楽しそうに過ごすことができるようになった
のですが、今度はその邪気を引き受けた私が暗くなってしまい誰とも
会いたくなくなってしまいました。その邪気を処理することでもとに
戻れたのですが、とても強い邪気だったので大変な思いをしました。

これらの邪気を処理する仕事を毎日行っていたのですが、もうそれらは
やめました。その理由は、二つあります。
一つは、この邪気を処理する仕事は大変危険だからです。自分がパワフルでないとその邪気に負けて自分自身が精神的におかしくなってしまいます。実際に私は、発狂する寸前までなったことがありました。
私はある神社でお祓いの修行をしたことがあります。この修行は、まさしく邪気を祓うための技術をマスターするためのものです。
地鎮祭や七五三などで神社でお祓いをされたことがある方も多いと思います。
正直なところ本当にお祓いをできる神官さんがどれほどいるのかは疑問があります。
お坊さんも神官さんには申し訳ありませんが、形式だけで本当の霊能力がある方は少なくなっている感じです。(もちろん素晴らしい方もいらっしゃいますが)
その神社で講師をされた先生から私と同じ体験をされていたので、やはりこの世界は怖いと思いました。
その先生は、もともと鍼灸の先生で地元では腕の良い鍼灸師と評判だったそうです。しかし、実際には「邪気」をとって治していたそうです。
でも、私と同じようにその邪気の影響で体調を壊してやっとの思いで
その神社に辿りついて、それこ救われたそうです。
ですから、うつ病の原因が邪気である場合は、本当にお祓いをできる
力がある霊能者であれば私は、改善してあげることができると思います。

しかし、二つ目の理由で私は、それらの仕事をやめました。
それは、その邪気をとってあげてもまた、ついてしまうからです。
それは、その方が持つ波動に共鳴して邪気がまた寄ってきてしまうの
です。

私が、このような仕事で治療している時期は、一瞬で痛みや苦痛を
とってあげることができました。しかし、その方たちはまたしばらく
して「また痛くなった」とやってきました。
命がけで邪気を処理しても、また同じようになってしまう。
それはなぜ???
それは、その方たちが持つネガティブな思い邪気を呼び寄せてしまう
のです。

邪気もエネルギーです。エネルギーにはすべて固有振動数があります。
同じ固有振動数のエネルギーは呼び合って結合します。これは共鳴
現象によるものです。
つまり、恨みを強く持つ人には、恨みを持つエネルギーである邪気が
寄ってきてしまいます。ですから、その邪気を私が処理してもまた
その方が持つ恨みのエネルギーが邪気を呼び込んでしまいます。

うつ病になった理由の中には人間関係のストレスがあると思います。
誰かにいじめられたり、プライドを傷つけられ憎んでいたり、とても
強い恐怖心をもっていたり、深い悲しみがあったり・・・。
これらのエネルギーが、邪気と共鳴するのです。

そして、その邪気から開放される方法は邪気と「非共鳴」の
エネルギーを持つことです。
そのエネルギーとは「愛や感謝」などのポジティブなエネルギーです。
これは逆にこのエネルギーを持つことで「愛や感謝」のエネルギーが
自分に集まってくるのです。
ポジティブな思いなんてもてないと言う方もいると思います。
まずは、規則正しい生活と食事を和食、少食、粗食にしてください。
そして、良い水を沢山飲んで、体内を浄化することです。
便秘などがありますとその波動に邪気が共鳴します。
肉体が浄化できると、精神も浄化されます。そこにポジティブな
思いが生まれます。

私は、あまり霊能者や怪しい治療には関わらないことを勧めて
います。それは、それらの人の多くが、その世界に傾倒しすぎて
すべての原因を「霊」「先祖」などとしてしまうからです。
「さわらぬ神にたたりなし」と言いますように、オドロオドロ
した世界に身置いているといつまでも、それらとの関わりから
開放されないためです。

すべての現象はエネルギーの共鳴か非共鳴なのです。
幸運や不幸も同じです。自分の放射するエネルギーに寄ってくるのです。

治療家として、この邪気を処理する機器(SV-1)やアクセサリーを開発しております。この機器で多くの方を救えるのではと思っております。
機器を使うことで、治療家やクライアントのダメージがないと考える
からです。
これらはプレバランスのホームペイジで紹介してまいりますので
今後もご注目ください。








2007年03月27日 (火) | 編集 |
2007.3.27

今日はうつ病と体質について書きます。
昨日話しました電磁波ですが、誰もが過敏なのではなく
過敏体質というのがあります。

私たちの体はつきつめていきますと、肉体→細胞→分子→原子→素粒子
というふうに最後はエネルギーとなります。物質はすべてエネルギーの
集合体といえるわけです。そのエネルギーである物質は様々なエネルギーの影響を受けています。だから電磁波の影響を受けないはずがないの
です。

体質とはなんでしょうか?
私が考える体質とは、その肉体を構成するエネルギーの質と考えております。
人によって肉体を構成するエネルギーの質が違っています。
そのエネルギーの質をインドのアーユルヴェーダ(生命の科学)では
ドーシャと呼びます。
ドーシャは大きく分けますと「風の波動のヴァータ」「火の波動のピッタ」「水の波動のカパ」の3つに分かれます。
肉体は、この3つのエネルギーの構成により体質(性格)も違ってきます。

うつ病は、このドーシャの中で「風の波動のヴァータ」が多い人がなり
やすいと言えます。そのドーシャを調べるにはプレバランスのHP
www.prebalance.com のプレバランスアストロロジーをダウンロードして
ドーシャチェックを行ってください。その判定の結果「V(風)」体質となった方は、とてもエネルギーに敏感です。
またはとてもデリケートな性格となりますので精神的な病気になりや
すい傾向があります。

まず自分自身のをよく知ることなんです。
風体質は、とても勤勉で知的です。好奇心が強く、気配りができます。
このようなプラス面が、マイナスに働くと周りをいろいろ気にしてしまい考えてしまう傾向となってしまします。

このようなマイナス面が出てきている場合は、一つは食事に問題が
あります。たぶん身体がとても冷えていると思います。
和食、少食、粗食の食事(温かい食事)と運動(朝の散歩)で改善に向かいます。

また身体を温めるようにして、リラックスする環境を作ることです。
ゴマ油でのマッサージも効果的です。

乱れた食生活によるミネラルのアンバランスが精神的な不安定を作って
いますので「爪分析」によりミネラルバランスを確認してみてください。爪分析については、プレバランスのホームペイジを参照ください。





2007年03月26日 (月) | 編集 |
2006.3.26

今日は、うつ病と電磁波について書きます。
電磁波の問題は、これから地球温暖化と同じくらい
「環境面」で注目されてくる思います。

電磁波については「無害だ」と主張する方がおりますが
電磁波過敏症の方がとても増えているのはご存知でしょうか?
電磁波過敏症の方は「神経質」と思われてしまうこともありま
すが、そんなことではないのです。間違いなく、電磁波を感じて
おります。(私も気巧師としてエネルギーに敏感だからわかります)
電磁波の問題は何が問題なのか?
それは、周波数と磁界強度です。すべての電磁波が問題とは
思いません。電磁波がすべて「悪」みたいに思う必要はないのです。

近いうちに「電磁波と不整脈」の関係をビデオとして紹介します。
(プレバランスのホームページ www.prebalance.com)で紹介します。
それはパソコンから出ている高周波が心拍数と同じリズム(周波数)の
電磁波を出しているビデオです。私のオフィスでは、6台のパソコンが
ありますが、私の使っているパソコンだけ、心拍数と同じ電磁波を
出しているのです。このパソコンで仕事をすると心臓がドキドキします。このパソコンを使わなくなったことで不整脈も改善しました。

心臓は、電気信号で動いております。その電流や磁場は極めて微弱です。ペースメーカーを使っている人の近くで携帯電話を使わないようにと聞いたことありますよね?
それらからも心臓が高周波に反応することはわかります。

前置きがながくなりましたがうつ病の話です。心臓の不整脈があるときにとても息苦しくて大変でした。脈が3回に一回しか打たないのです。酸素が、体に回りません。めまいもしました。何とも言えない「不安感」がありました。とても憂鬱でした。
出張もできなくなってしまいました。外出するのも嫌になってしまいま
した。食欲もなくなってしまいました。仕事のストレスもないわけでは
ありませんが、それよりも「健康に対する不安」がとてもありました。

治療家として何とか改善する方法はないかといろいろ考えました。
その時思ったことは「また試されている」ということでした。
この病気の原因をみつけて、またその方法で人を救うことの勉強だと。

うつ病は、このような電磁波の周波数による影響での問題があると
思います。他には、脳波への影響だと思います。脳波やホルモン、自律神経に「共鳴」ということで影響を与えると思います。

飛行機の機内や病院で携帯電話を使わないように言われますよね。
それは、電磁波により精密機器が誤動作するからです。
脳や心臓、ホルモンなどは、それらの精密機器と変わりません。
いや、我々の体はそれらの精密機器以上の高性能な精密機器と言えます。電磁波が脳や心臓、自律神経、ホルモンなどに影響を与えないと
言う方がおかしいでしょう?
電磁波が70年前の一億倍も増えたと言われる現代社会は目に見えない電磁波で汚染されていることに私たちは気づくべきです。
打つ手はあります。でもその前に、その現実を知ることです。
地球温暖化と同じように、手遅れにならないように。
うつ病などの病気が増えていることは、地球の異常気象が起こっている
ことと同じで「自然からのメッセージ」と言えます。


私は、不整脈から解放されました。
それは、パソコンを変えたということと、ナチュラルダイオードを
つけたことと、肝機能を改善することに努めたからです。
それらは、別の機会にお話します。

うつ病と電磁波の関係。なんとなく分かりましたか?






2007年03月24日 (土) | 編集 |
今日も引き続きうつ病について書きたいと思います。
占星術でうつ病はラーフという太陽と月の交点が関係している
と書きました。このラーフという波動は、カビや霊と共鳴します。
私は、うつ病の人は湿気の多い場所にいる場合はその場所を変える
ことお勧めいたします。
湿気は、カビや霊的なエネルギーが集まりやすいエネルギーだからです。

また、腸がLGS(詳しくはプレバランスのHPで説明)の場合、腸のカンジタ(カビ)が影響して精神的な不安をつくると考えられます。
LGSがある場合、ミネラルバランスが崩れ、その結果精神的な不安定さを作ります。
この対策は、消化を考えた食事と食べ方が重要となります。
これらがうつ病と関係しているなんてほとんどの方は気づいていないでしょうね。




2007年03月23日 (金) | 編集 |
今日から光太郎のブログを開始します。

これまでプレバランス通信を通じて健康や運命に関する情報を
発信してきましたが、もっと多くの方に知っていただきたいと
思ってブログを始めることにしました。

これまで治療家として一万人以上の方のセラピーを行ってきま
した。
その経験の中でわかってきたことは、まだあまり知られていな
事が病気の原因となっているということです。
そのことをこのブログでお伝えできればと思っております。

また、世の中で起こることはすべて必然であり、運命により
「ある程度決まっている」ということもお伝えしていきたいと
思っております。

最初の内容は「うつ病」についてお話します。
私自身は、「うつ病」は無縁な性格と思っておりました。
いつも元気で前向きと思っている自分が「鬱」になるなんてこ
とを考えたことがありませんでした。
私は、治療家として様々な病気を経験させられます。また家族
も同じです。そのような経験により、その克服する術を学んで
きました。そして、その経験が病気や悩みで苦しむ人達のお役に
立てることにつながっていると思えるようになり、病気中も自分
自身や家族を実験台として「その原因」を探るようになりました。
最近は「病気は治療家としての腕を上げるためのプロセス」と
思うようになりました。

これからお話しする「うつ病」も自分自身の克服してきた経験です
のできっと「うつ病」でお悩みの方にきっとお役に立てると思って
おります。

私の考えるうつ病の原因は次の4つです。
※最近多い慢性疲労症候群もこれらが関係しているように思います。

1.LGS(腸管壁浸漏症候群)
2.肝機能の低下
3.ジオパシックストレス(電磁波、磁場障害)
4.ラーフ(太陽と月の交点の波動の影響)
以上の原因と考えてりますが、詳しくはプレバランスのHP(下記)
をみてみてください。
http://www.prebalance.com/