開運・縁結びやイベント等や新着情報です。
2008年02月20日 (水) | 編集 |
2008.2.20

約一か月続いた水星の逆行期間が終わり、ホッとしています。
この時期は、いつも何かとトラブルが多いからです。

逆行明けの本日、さっそく科学風水鑑定行ってきました。

今日は春の日差しがキラキラとして温かくて気持ちよかったです。





2007年07月31日 (火) | 編集 |
2007.7.30

運にも波があって、その運気が低調な時には「占星術・風水的」な処方を施さないとうまくいくません。

安部首相の場合、1954年9月21日生まれですが、私の分析ではたぶん時間は23時頃に生まれていると思います。
彼の運気はもちろん低調気味ですが、10月を過ぎる頃から上昇に転じます。そこまで、続投できればなんとか首相としてやっていけるかもしれません。

一方、小沢民主党党首は、1942年5月24日に生まれています。出生時間は分析の結果、5時頃としました。
小沢氏は木星期で絶好調の運気にあります。木星期は2017年まで続きますので、政治家としては最高の時期にあります。
来年の夏に大きな変化の星が出ていますので、このときに政界再編のような大きな動きがあるかもしれません。

今の、運気では安部さんよりも小沢さんが有利なので、もし衆議院解散で選挙を行うとまた小沢さんに軍配があがると思います。

運気の悪い時には、運気の強いスタッフを周りに置くことですが、皮肉なことに運気の悪い人は、運気の悪い人(閣僚)を呼び寄せてしまいます。占星術を使って閣僚を選び、風水で環境の波動を変えれば運気は変えられます。
歴史的にも多くの武将そのような方法では運気を変えていました。

まずは、早急に内閣改造をやって周囲の運気を変えるべきです。

2007年07月03日 (火) | 編集 |
何度も紹介していますが、人も物もすべてエネルギーの塊です。この塊は、周波数の合う者同士が集まる性質(共鳴)があります。

周波数は異なっても相性のいい周波数というのがあります。
占星術で言うなら「金星と火星」です。

もっとわかりやすく言いますと、金星(ヴィーナス)は女優やモデルを表します。火星(マーズ)は、スポーツ選手や軍人などを表します。

これを昨日今日の報道でみてみますと

加藤あい(女優:金星)と中田浩二(サッカー選手:火星)の恋愛報道

中田英寿(元サッカー選手:火星)とアマンダ(モデル:金星)の報道

羽賀健二(俳優、宝石:金星)と渡辺二郎(元ボクサー:火星)、暴力団(火星)との報道

ということで、これらは相性がいい組み合わせなのです。
火星のマークはよく男性のシンボルとして使われます。そして金星は女性のシンボルとして使われます。それほど火星と金星は波長があうのです。

占星術的には、牡羊座(火星支配)と天びん座(金星支配)がパートナーになります。また、蠍座(火星支配)と牡牛座(金星支配)がパートナーになります。

「コワイ兄さんには何でみんな美人の女性がついているの?」って不思議に感じていたのは私だけでしょうかね。

私は、その謎が占星術とエネルギーの共鳴で解けたのです。
誰と付き合うか(結婚するか)ということも運命では決められていたのです。

その他には、先生は先生と結婚しているケースが多く、その子どもやその子どもの奥さんも先生であるケースが多い。
周りにいませんか?
これは、水星と木星の相性なんです。




2007年07月01日 (日) | 編集 |
2007.7.1

今日「メンタルG」と言う番組でEAVと言う機械を使ってTOKIOのメンバーの健康診断をやっていました。

美輪さんが近付くと長瀬君の数値が下がって安定してきましたが、あれは少し疑問を感じましたね。
それは美輪さんの波動であればその後も安定するはずですので、離れたらまた数値が上がるのはオペレーターが調整している感じと思いました。あの機械は、加圧する力によって変化しますからね。

でもこのような機器がゴールデンタイムに放送される時代になったのは嬉しいことです。
今開発しているSV-1もEAVの機能をもったさらに凄い機械なのでテレビで紹介してくれないかなあ(笑)
【SV-1のブログ】
http://biophoton.blog104.fc2.com/
IMG_0446.jpg


2007年06月23日 (土) | 編集 |
2007.6.23

自分の適職で悩んでいるときに前世と来世を知ること現世の仕事がわかった私は、その後の占星術のカウンセリングで適職を聞いてくる方には、この前世をベースにお話しさせていただております。
するとその多くが既に前世と同じような仕事についていることが多いことに気がつきました。

知らず知らず、魂に刻まれた前世の記憶から同じような仕事についているのですね。不思議です。

ある女性をカウンセリングしたときです。その方の前世は「看護師」でした。
その方の現在の仕事は栄養士でしたが、前世が「看護師」であったことを伝えると「なぜかわからないけど子どもの頃から看護師になりたくて今もその夢は捨てていないのです」と言うのです。そして、「その理由が前世が関係していたと言うことがわかりました」と納得されていました。

オギャーと生まれた瞬間(占星術の出生時間とは産声をあげた時間をいいます。)に我々の人生は既に決められています。
私は、その正しい出生時間がわかれば「どのような職業に就き、どのような人と結婚するか(その方の親兄弟はどんな人か)、どのような病気にいつ頃なるのかなどが、かなりの確率で予測できるようになりました。

占星術の研究でわかったことは、「私たちの人生は、前世のカルマを柱に作られた筋書きのあるドラマである」と言うことでした。

そんな筋書きのあるドラマの中で、悩み苦しんでいることは馬鹿らしくなりました。
この人生のストーリーを読み、楽しく生きたいと思うようになりました。


2007年06月19日 (火) | 編集 |
2007.6.19

昨日、私の前世のことを書きました。
このブログを見られた方にも前世をみる方法を書きます。

それは占星術でわかります。
私が開発しましたプレバランスアストロロジーのソフトを使って簡単に調べられます。10日間無料で使えますので、下記からダウンロードして自分の前世を調べてください。
気に入りましたらぜひ購入(19400円)下さい。これらの使い方は、解説DVDも販売(15800円)しております。また、リンクの「医療占星術」グも参考にして下さい。
http://www.prebalance.com/-soft/index.html

解説DVDは下記で視聴できます。
http://www.prebalance.com/-soft/dvd.html

一般的にはほとんどの方は、何度も生まれ変わっていますので前世はたくさんあります。このソフトで表示される前世は、直前の前世、または今回最も学びを必要とする前世のキャラクターが表示されます。

私たちの人生は、この前世がベースになっています。
このソフトで私の前世は、「科学者や風水師、占星術師など」でした。


2007年06月10日 (日) | 編集 |
2007.6.10

来週から占星術でいう「水星の逆行」の期間に入ります。この期間は、コミニュケーションの惑星の水星がマイナーな状態になります。具体的には、相手との連絡が取りにくくなる、宅急便などの荷物が予定通りに届かなかったり、間違って配達されたり、電車が遅れたり(人身事故などで)します。また、この期間は「契約するな」と言われます。土地やマンションの購入などの契約など大きな買い物の契約は避けてください。期間は6月17日から7月10日までです。でもその前後一週間も影響を受けることが多いので注意しましょう。

プレバランスのホームページhttp://www.prebalance.com/-soft/index.htmlからアストロロジーのソフトをダウンロードして「月の波動カレンダー」を開くと下図のような画面がでます。オレンジ色のマークが水星の逆行期間です。  
20070610064619.jpg


2007年06月09日 (土) | 編集 |
2007.6.9

占星術の個人レッスン3日目です。
今日は、運命を変えるための「処方」についてです。
病気や事故などもそれが今回の人生で必要であればそれは起こってしまいます。しかし、それらを軽減したり場合によっては避けることも可能です。それらは、ヤントラ(運命を変えるための図形のエネルギー)やマントラ(運命を変えるための音のエネルギー)とそして宝石のエネルギーで変える3つがあります。今回のレッスンでは、宝石のエネルギーで運命を変える方法を中心に勉強します。


2007年06月08日 (金) | 編集 |
2007.6.8

今日は占星術の個人レッスン二日目です。
今日は、ダシャーについて詳しく学びます。また、例題をドンドンだして実際のリーディングを行います。個人レッスンですので、講義の内容はその方のレベルに合わせて行いますので、内容は多少違ってきます。

今日勉強するダシャーというのは将来あなたの運命に何が起こるのかということとその時期を正確に予測する方法です。

例えば、今回私が不整脈で体調不調になりとても苦しんだのですが、この回復する時期や病気となる時期は最初からわかっていました。予測して起こっておりますので、苦ししいながらも「この時期に回復する」という安心感がありました。
では「その病気の時期は避けられないのか」となりますが、それが必要であれば避けられないと私は考えております。実際に今回の病気(不整脈)になったおかげで「電磁波のパルス波」が大変な問題であることを知り、またそれを短期間に改善できたことで、同じように苦しむ方を救える方法がわかったわけです。私は、そのことに気付くためにこの病気になった(神様が私に電磁波の脅威を知らせたかった)と思っております。

ですから病気は運命のスケジュールにより予定通りになってしまうのですが、そのことを予知して備えているのと、わからずに突然起こる病気に苦しんでしまうということではまったく違います。
それは、例えるならば台風が近づいているのを知り、それに備えているのと、台風が近づいているのに知らずに被害を受けてしまう違いと言えます。台風が近づいていることを知ること(それも正確にその時期を知る)で旅行を取りやめたり、避難することもできます。ダシャーとは、そのような天気予報システムと思っていただければよいかと思います。

私は今回病気になっていたときに家族が大変心配しました。家族は、私が具合が悪くて長期間横になっているような状態はほとんどみたことがないと思いますから。
私は、そんな家族に5月20日から元気になるから大丈夫だということを3月の時点で話していました。でもその時点では、かなり深刻な不整脈の状況でしたので家族は「本当に回復できるのだろうか」と心配しておりました。
そして、不整脈の原因がわかったり、その原因の電磁波の環境を変えたりすることで5月20日が近づく頃には明らかに「回復している」ということが自他共に実感できたのです。

未来の運命を正確に予測できるということは、「運命がほとんど決まっている」という事です。私たちは、決められた運命の中で生かされています。それはなぜなのでしょうか。

2007年06月07日 (木) | 編集 |
2007.6.7

私は、占星術師でもあります。私が開発しましたプレバランスストロロジー(占星術)は、専用のソフトを使い、かなり正確に運命を読むことができます。
この占星術の特徴は「エネルギーの共鳴」からいろいろ考えることです。

今日から3日間は、個人レッスンです。
午前中の講義で芸能人がなぜ副業として飲食店を経営したり、また料理が得意な人が多いのかを説明しましたら「なるほど」って納得してもらえました。
その答えは、金星の影響なんです。

先日地元で殺人事件がありました。まだ未解決ですが、犯人を占星術を使って予測します。
まず、その前に被害者の生まれた正確な時間を割り出すことから行います。この技術は大変難しいのですが、情報が多ければそのようなこともできます。講義の中でその方法を学習します。
プレバランスアストロロジーが、このような事件の解決にも役に立てると思っております。

個人レッスンについてはHPをご覧ください。
lessonfuukei.jpg


2007年05月21日 (月) | 編集 |
2007.5.20

今日は占星術からみた私の運命の変化の日です。
具体的にはこれまで病気や出費に関係あった部屋から病気の回復と収入の部屋に変わる日です。

実際にこの期間は不整脈で苦しんだり、たくさんの商品開発でかなりの出費がありました。
ですから、早くこの期間が過ぎないか心待ちにしていたのです。

私の開発したプレバランス・アストロロジー(占星術)は、とにかく正確に変化の時期を予測できます。
自分で言うのもなんですが、最高の占星術ソフトなんです。
この使い方をどうしたら多くの方に伝えれるかなあ~

このソフトは10日間無料で使えますので下記からぜひダウンロードして使ってみてくださいね。
http://www.prebalance.com/-soft/index.html